西暦1474年 - レギオモンタヌス『天体位置表』

30年後のコロンブスを救う
レギオモンタヌス
レギオモンタヌス
1474 年、ドイツの天文学者で印刷職人のレギオモンタヌスは、ニュルンベルク天文台での観測結果を基に、1475~1506 年までの毎日の太陽や月と当時知られていた惑星の位置、新月や満月、日食月食の時刻などを記載した『天体位置表』(Ephemerides quas vulgo dicunt Almanach)を刊行する。印刷された天体表としては世界初のものであった。
レギオモンタヌスは、1436 年、ドイツのケーニスベルクで産まれる。本名はヨハネス・ミュラー・フォン・ケーニヒスベルクである。レギオモンタヌスとはラテン語で「王の山」という意味である。

11 歳でライプチヒ大学に入学し、3 年後にはオーストリアの天文学者ゲオルク・ポイルバッハ(プールバッハ)に師事した。このとき、プトレマイオスの『アルマゲスト』など、古代ギリシアの天文学書のラテン語への翻訳を手伝い、天動説の再発見に貢献した。数学の才能があったレギオモンタヌスは、きわめて難解な『アルマゲスト』の内容をほぼ理解していたものと考えられている。
1464 年、7 桁という当時としては高精度の三角関数表を出版し、三角関数を数学の領域に持ち込んだ。

1471 年、ニュルンベルクに移住し、商人ベルンハルト・ヴァルターの援助を受けてニュルンベルク天文台を建設する。
だが、天文台での観測結果は『アルマゲスト』と矛盾していた。レギオモンタヌスは『アルマゲスト』を理解していたがゆえに、逆に、その内容を批判するようになっていった。
レギオモンタヌス『天体位置表』
『天体位置表』
1474 年、『天体位置表』を刊行する。
ニュルンベルグ天文台には、四半世紀前に実用化されたグーテンベルクの活版印刷を利用した印刷所が併設されており、ここで印刷が行われた。『天体位置表』のヒットで、この印刷所では多くの自然科学書が印刷されるようになり、ニュルンベルクは印刷の街として知られるようになってゆく。
1475 年、ユリウス暦の改暦のため、システィーナ礼拝堂を建設したローマ教皇シクトゥス 4 世に招聘されるが、その事業を果たせないまま、1476 年、ローマで客死する。死因はペストだったとみられている。改暦は、100 年以上たってから、グレゴリオ暦の導入を待たねばならなかった。

1502 年、アメリカ大陸に到達したコロンブスは、到着した位置を知るため、1481 年に刊行されたレギオモンタヌスの『天体位置表』を携行していた。
1504 年、食料の提供を渋るジャマイカの原住民を相手に、コロンブスは翌日に月食が起き、神の罰が下ることを予言してみせた。『天体位置表』の通りに月食は起こり、怯えた原住民はコロンブスに食料を提供した。こうしてコロンブスは窮地を脱したのであった。

この時代の世界

1375 1425 1475 1525 1575 1474 レギオモンタヌス『天体位置表』 1436 1476 レギオモンタヌス 1423 1461 ゲオルク・ポイルバッハ 1414 1484 シクストゥス4世 1455 グーテンベルク聖書の印刷 1398 1468 グーテンベルク 1473 1543 コペルニクス 1471 1528 デューラー 1492 大西洋航路の発見 1451 1506 コロンブス 1454 1512 アメリゴ・ヴェスプッチ 1488 喜望峰の発見 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1480 1521 マゼラン 1483 1520 ラファエロ 1478 パッツィ家の陰謀 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1444 1510 ボッティチェリ 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1397 1455 ニコラウス5世 1439 1503 ピウス3世 1455 1495 ジョアン2世 1455 1485 バラ戦争 1485 ボズワースの戦い 1421 1471 ヘンリー6世 1423 1483 ルイ11世 1442 1483 エドワード4世 1452 1485 リチャード3世 1470 1483 エドワード5世 1457 1509 ヘンリー7世 1443 1513 ユリウス2世 1492 グラナダ陥落 1494 トルデシリャス条約 1431 1503 アレクサンデル6世 1451 1504 イサベル1世 1479 スペイン王国の成立 1452 1516 フェルナンド2世 1452 1519 レオナルド・ダ・ヴィンチ 1497 「最後の晩餐」の完成 1475 1507 チェーザレ・ボルジア 1469 1521 マヌエル1世 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1475 1521 レオ10世 1469 1527 マキャベリ 1466 1536 エラスムス 1462 1516 ヨハンネス・トリテミウス 1480 1519 ルクレツィア・ボルジア 1492 1519 ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ 1516 『ユートピア』の刊行 1478 1535 トマス・モア 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1467 1477 応仁の乱 1415 1499 蓮如 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1432 1519 北条早雲 1488 加賀の一向一揆 1439 1491 足利義視 1493 明応の政変 1466 1523 足利義稙 1472 1528 王守仁 1453 東ローマ帝国滅亡 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1464 1520 セリム1世 1517 マムルーク朝の滅亡 1432 1481 メフメト2世 1513 ピリ・レイスの地図 1465 1554 ピリ・レイス 1480 モスクワ大公国の独立 1440 1505 イヴァン3世 Tooltip
(この項おわり)
header