西暦1914年 - 第一次世界大戦

4年4ヶ月の戦争で西欧は疲弊する
フェルディナンド大公夫妻が乗ったオープンカー
1914 年(大正 3 年)6 月 28 日、オーストリアの皇太子フランツ・フェルディナンド大公が妻ゾフィーを伴なって、当時オーストリア領だったボスニア州(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)の首都サラエボにやってきていた。パレードの最中、夫妻はセルビア系ボスニア人の青年、ガブリロ・プリンツィップによって暗殺されるというサラエボ事件が起きた。
戦争で破壊されたベルギーのイープルの町 - 第一次世界大戦
フェルディナント暗殺の知らせはウィーンに届き、皇帝フランツ・ヨーゼフ 1 世は激怒した。
セルビアの背後にはロシアが控えていた。ロシアは汎スラブ主義を掲げ、バルカン半島への瞬出を目論んでいた。このままではセルビアとの戦争になるが、ロシアが参戦したらオーストリアの勝ち目はない。
ヨーゼフ 1 世は、汎ゲルマン主義を掲げる同じゲルマン民族のドイツに支援を求めた。ドイツはこれを了承した。
一方のロシアも強硬姿勢を崩さず、フランス、イギリスを味方に付けた。フランス、イギリスはドイツと植民地の利権を巡って争っていたからである。

1914 年(大正 3 年)7 月 27 日、まずフランスが海軍の動員を発令。ロシア、ドイツが続いた。
そして 7 月 28 日、オーストリアがセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦が始まる。ドイツを中心に、オーストリア、オスマン帝国などが属する同盟国に対し、イギリス、フランス、ロシア、アメリカ、日本などの連合国が総力戦を繰り広げた。

第一次世界大戦では、戦車、飛行機、手榴弾などの新兵器が登場する。世界初の戦車を開発したイギリスは、戦車を水を入れるタンクに偽装して戦場へ運んだ。戦車を「タンク」と呼ぶのは、この時の名残である。

日本の参戦

1914 年(大正 3 年)8 月、日本は日英同盟にもとづきドイツに対し宣戦を布告、第一次世界大戦に参戦する。陸海軍を中国のドイツ軍基地へ向けて出撃させ、ドイツ軍が支配していた青島 (チンタオ) や南洋諸島を占領する。

ちなみに、この年の 12 月 18 日、東京駅が開業した。

1915 年(大正 4 年)、日本は中国に「21箇条の要求」を突きつける。これにはアメリカが強く反対し、中国の袁世凱 (えんせいがい) は、そのうち 14項目を承認することになる。

第一次世界大戦は長引き、連合国から日本へ物資の注文が増え、日本は好景気に沸き、国の借金はなくなった。また、大金持ちが登場し、成金 (なりきん) と呼ばれた。

終戦

1918 年(大正 7 年)11 月、ドイツの敗北によって第一次世界大戦が終結する。4 年 4 ヶ月の戦争で、死傷者は約 3 千万人に及んだ。様々な新技術を用いた総力戦は、とくにヨーロッパ諸国に大きな傷跡を残した。
第一次大戦前後に 4 つの帝国が滅んだ。ドイツ、オーストリア、ロシア、オスマンである。それにともなって、ソヴィエト連邦をはじめとする多くの新しい国が生まれた。
中国の清朝は 1911 年(明治 44 年)の辛亥革命で滅びているが、その後の情勢は混沌として、中華人民共和国が生まれるには、まだ時間を必要としていた。

1919 年(大正 8 年)1 月、パリで講和会議が開かれ、日本も参加する。6 月、ベルサイユ条約が締結される。
この戦後処理は、ドイツに責任を押しつけ、過大な負担を強いるものであった。この処霞がヒトラーの台頭を呼ぴ、やがて第二次世界大戦の勃発につながる。ドイツ、イタリア、日本をはじめとする枢軸国と、イギリス、フランス、アメリ力、ソ連などの連合国の戦いは、後者の勝利に終わった。

日本が併合を断行した韓国では、1919 年(大正 8 年)3 月 1 日、宗教団体を中心に独立運動が行われた(三・一運動)。また中国では、ドイツの権益が日本に渡されることを知った学生などを中心に天安門広場でデモ行進が行われ、反日感情が高まる(五・四運動)。

日本では、第一次世界大戦で戦争成金が誕生する一方、労働者の暮らしは依然として厳しかった。
1911 年(明治 44 年)、鈴木文治 (すずきぶんじ) は「友愛会」を立ち上げ、労働運動を広げる。1920 年(大正 9 年)5 月 2 日、日本初のメーデーが行われ、友愛会は日本労働総同盟と改名する。

1919 年(大正 8 年)11 月、平塚らいてう (ひらつからいちょう) 市川房枝 (いちかわふさえ) らにより日本婦人協会が創設される。
1825 1875 1925 1975 2025 1914 1918 第一次世界大戦 1918 シベリア出兵 1919 ベルサイユ条約 1920 国際連盟の創設 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アインシュタイン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1927 航空機による大西洋横断 1928 ファシスト党による一党独裁 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 ヒトラー 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1885 1946 鈴木文治 1886 1971 平塚らいてう 1893 1981 市川房枝 1913 大正政変 1847 1913 桂太郎 1858 1954 尾崎行雄 1879 1926 大正天皇 1909 伊藤博文の暗殺 1906 満鉄の開業 1857 1929 後藤新平 1904 1905 日露戦争 1901 八幡製鉄所が操業開始 1923 関東大震災 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1876 1928 野口英世 1878 1933 吉野作造 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1860 1926 加藤高明 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1906 1946 婉容 1909 1953 文繡 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1898 ファショダ事件 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1898 米西戦争 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1927 航空機による大西洋横断 1888 1969 ジョセフ・ケネディ 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1897 1945 チャンドラ・ボース 1889 1964 ネルー 1890 1969 ホー・チ・ミン 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

サラエボ事件付近の地図

参考書籍

表紙 第一次世界大戦の起原 改訂新版
著者 ジェームズ・ジョル/池田清(政治学)
出版社 みすず書房
サイズ 単行本
発売日 2007年06月
価格 4,536円(税込)
rakuten
ISBN 9784622073215
戦争と革命の世紀となった20世紀。その序幕は、第一次世界大戦の勃発だった。“運命の夏”1914年7月に、長い導火線の火はついにサライェヴォで爆発し、ヨーロッパ各国はつぎつぎと戦争に突入する。しかもそれは短期決戦という予想を裏切り、史上はじめての総力戦となった。開戦の複雑な経緯は、いまだに歴史家を魅了してやまない。著者はいわゆる「7月危機」に焦点を絞り、そこにダイナミックに集中していく歴史の力学のベクトルを、ひとつひとつ検証していくー帝国主義的な軍備競争、各国の内政の力関係、国際経済、時代の雰囲気。それらは開戦の決定にどう連動したか。また、決定責任者の個人責任はどこまで追及されるべきか。改訂新版は、初版刊行後8年間の研究を組み込み、とくに戦争の導火線といわれたイタリアの動向をより深く掘り起こして、戦争の起原を長いタイムスパンで解明する。
 
(この項おわり)
header