西暦1676年 - 光速度の計算

大航海時代の副産物
オーレ・レーマー
デンマークの数学者オーレ・レーマーは、イタリアの天文学者ジョヴァンニ・カッシーニが観測した木星による衛星イオの食の周期の変動は、光の速度が有限で、木星から地球に光が到達する時間の差によるものだと気づいた。
1676 年、レーマーはカッシーニの観測データを使って光速を 20.9 万 km/s と計算した。現在、光速は 29.979 万 km/s であり、歴史上、初めて意味のある値を計算したと言える。
大航海時代に入り、航海中の船の位置や正確な地図を作ることが求められた。
緯度は、北極星の高さで計測できたが、経度を計測するには正確な時計が必要だった。だが、クロノメーターが実用化されるのは 1759 年まで待たねばならなかった。
フランスの王立科学学士院は、1610 年にガリレオが発見した木星の四大衛星が周期的に木星に隠れる現象(食)は、世界中のどこでも同時に観測できることから、食の予報を作ることにした。この仕事を完成させたのが、ジョヴァンニ・カッシーニであった。
カッシーニは、この業績が認められ 1669 年にパリ天文台に招かれた。予報をさらに精密にするためにオーレ・レーマーが雇われた。

この時代の世界

1525 1575 1625 1675 1725 1775 1676 光速の計算 1644 1710 オーレ・レーマー 1625 1712 ジョヴァンニ・カッシーニ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1655 土星の環を発見 1629 1695 クリスティアーン・ホイヘンス 1675 グリニッジ天文台の創設 1647 1719 ジョン・フラムスティード 1657 「月世界旅行記」の出版 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1632 1704 ジョン・ロック 1646 1716 ライプニッツ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1654 マクデブルクの半球 1649 ピューリタン革命 1688 名誉革命 1630 1685 チャールズ2世 1633 1701 ジェームズ2世 1662 1694 メアリー2世 1650 1702 ウィリアム3世 1638 1715 ルイ14世 1638 1683 マリー・テレーズ 1701 キャプテン・キッドの処刑 1645 1701 ウィリアム・キッド 1660 イングランド王政復古 1665 1714 アン 1648 ウェストファリア条約 1648 1653 フロンドの乱 1641 鎖国の完成 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1641 1680 徳川家綱 1628 1700 徳川光圀 1642 1693 井原西鶴 1685 生類憐れみの令 1646 1709 徳川綱吉 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1658 1714 柳沢吉保 1662 1712 徳川家宣 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永地震 1707 宝永の大噴火 1626 崇源院(江)、死去 1648 清の建国 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1668 スウェーデン国立銀行の開業 Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header