西暦1812年 - 『グリム童話』出版/ラプラスの悪魔

最初は子ども向きでなかった
『グリム童話』第2版の扉
『グリム童話』第2版の扉
1812 年のクリスマス、ヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟が編纂したメルヘン集『グリム童話』第1 巻が、ドイツで出版される。

初版は『子どもと家庭の童話』というタイトルが銘打たれたが、民話を口承のまま収録した関係で、内容や表現が子ども向きでないといった批判を受けた。以降の版では心理描写や会話文が増やされ、また残酷だったり性的な表現は削除された。たとえば、「白雪姫」「ヘンゼルとグレーテル」は、初版では実母が子どもを虐待する話だったのが、継母に置き換えられた。
神聖ローマ帝国が終焉を迎え、皇帝ナポレオンに蹂躙されたドイツでは、民族主義が台頭していた。それを受け、ドイツ・ロマン主義運動も土着の民衆文化に目を向けるようになっていた。
そんななか、ロマン派の詩人ブレンターノとアルニムによる民謡集『少年の魔法の角笛』が刊行された。ヤーコプとヴィルヘルムの法学の師であるフリードリヒ・フォン・サヴィニーの仲介で、民話収集の依頼があった。これをきっかけに、2 人は民話の収集に着手した。

冒頭に述べたような理由で、初版の売上は芳しくなかった。1837 年、出版社をゲッティンゲンのディーテリヒス社に変えた 3版から売上が向上し、『聖書』に次いで広く読まれる書籍へと成長していった。

ゲッティンゲン七教授事件

ハノーファーにあるゲッティンゲン七教授の記念碑
ハノーファーにあるゲッティンゲン七教授の記念碑
1837 年、ドイツのゲッティンゲン大学で、7 人の教授が憲法改革に反対して罷免されるという事件が起きた。この中に、ヤーコプ、ヴィリヘルムのグリム兄弟の名もあった。
この事件は、ドイツでは「ゲッティンゲンの七人」(Göttinger Sieben)と呼ばれている。
この年、ハノーバー王に即位したエルンスト・アウグスト 1 世は保守派で、七月革命の影響を受けて誕生した 1833 年憲法の無効を宣言した。市民はこれに従うしかなかったが、ゲッティンゲン大学の 7 人の教授が大学側に猛然と抗議した。結局、中心となったヤーコプを含む 3 人は国外退去を命じられ、残りの 4 人も免職となった。
だが、学生たちはデモを繰り広げ、騒ぎは広がった。
時代は下って、ベトナム戦争時代のシカゴ大学では「シカゴの七人」と呼ばれる学生が反戦運動を展開した。これより少し前に制作された映画『七人の侍』『荒野の七人』も、「ゲッティンゲンの七人」をインスパイアしているのだろう。

1840 年、プロイセン国王がフリードリヒ・ヴィルヘルム 4 世に代わると、グリム兄弟はベルリン大学の教授として迎え入れられた。

ラプラスの悪魔

ピエール=シモン・ラプラス
ピエール=シモン・ラプラス
1812 年、フランスの数学者で天文学者のピエール=シモン・ラプラスは、著書『確率の解析理論』で次のように述べた。

もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。


この「知性」は、後世、ラプラスの悪魔と呼ばれるようになった。
ラプラスは決定論者だった。
1899 年から 1825 年にかけ、全 5 巻からなる大著『天体力学概論』を出版し、剛体や流動から潮汐理論まで、古典力学をまとめ上げた。その内容は、フーリエ変換を拡張したラプラス変換や、確率論を応用し、今日の機械学習の基礎をつくったベイズ定理にまで及んだ。
国際度量衡委員会にも所属し、子午線誇張を精密に測量し、メートルの定義の基礎をつくった。
1799 年、ナポレオン・ボナパルトの統領政府で短期間ながら、内務大臣となり、王政復古後はルイ 18 世の下で貴族院議員となった。

こうして学問・政治の分野にわたって万能を極めたラプラスは、因果的に決定された未来を完全に見通すことができるラプラスの悪魔の存在を提示したのだった。
だが、20 世紀に入り、量子力学が登場し、不確定性原理が明らかになり、ラプラスの悪魔の存在は否定された。

参考書籍

表紙 グリム童話集 5冊セット
著者 ヤーコプ・グリム/ヴィルヘルム・グリム
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1996年12月
価格 4,807円(税込)
rakuten
ISBN 9784002010021
 
表紙 グリム兄弟―生涯・作品・時代
著者 ガブリエーレ・ザイツ/高木昌史
出版社 青土社
サイズ 単行本
発売日 1999年03月
価格 3,520円(税込)
rakuten
ISBN 9784791756971
全世界で親しまれるグリム童話は、どのように成立したのか。メルヘン・昔話を、来たるべき共同体の精神的支えとして精力的に収集・研究したグリム兄弟の、波潤の生涯と時代の全貌を活写し「近代」の意味するものを問う決定版評伝。
 

この時代の世界

1725 1775 1825 1875 1812 『グリム童話』出版 1786 1859 ヴィルヘルム・グリム 1785 1863 ヤーコプ・グリム 1812 ラプラスの悪魔 1749 1827 ピエール=シモン・ラプラス 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1749 1832 ゲーテ 1770 1831 ヘーゲル 1825 世界初の鉄道路線 1781 1848 ジョージ・スチーブンソン 1817 自転車の発明 1785 1851 カール・ドライス 1818 「フランケンシュタイン」の出版 1797 1851 メアリー・シェリー 1800 ボルタが電池を発明 1745 1827 ボルタ 1762 1814 フィヒテ 1790 1832 シャンポリオン 1824 ベートーベン交響曲第9番「合唱つき」の初演 1770 1827 ベートーベン 1801 小惑星ケレスの発見 1746 1826 ジュゼッペ・ピアッツィ 1758 1840 ハインリヒ・オルバース 1778 1829 ハンフリー・デービー 1766 1844 ジョン・ドルトン 1788 1824 ジョージ・ゴードン・バイロン 1824 カルノーサイクル 1796 1832 カルノー 1775 1854 シェリング 1784 1846 ベッセル 1787 1851 ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール 1822 階差機関の設計 1791 1871 チャールズ・バベッジ 1816 化石による地層同定の法則 1769 1839 ウィリアム・スミス 1831 電磁誘導の発見 1791 1867 ファラデー 1814 ウィーン会議 1773 1859 メッテルニヒ 1742 1823 ピウス7世 1755 1824 ルイ18世 1757 1836 シャルル10世 1830 七月革命 1773 1850 ルイ・フィリップ 1738 1820 ジョージ3世 1759 1806 ウィリアム・ピット 1812 1814 米英戦争 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1840 1842 アヘン戦争 1815 神聖同盟 1812 1814 米英戦争 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1795 ハワイ王国の建国 1758 1819 カメハメハ1世 1797 1824 カメハメハ2世 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1810 1821 メキシコ独立戦争 1753 1811 ミゲル・イダルゴ 1783 1824 イトゥルビデ 1794 1858 ペリー 1745 1818 伊能忠敬 1782 1787 天明の大飢饉 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1793 1837 大塩平八郎 1787 1856 二宮尊徳 1793 1853 徳川家慶 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1833 1837 天保の大飢饉 1771 1840 光格天皇 1800 1846 仁孝天皇 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1832 鼠小僧の処刑 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1809 間宮海峡の発見 1775 1844 間宮林蔵 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1828 シーボルト事件 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1823 1829 「富嶽三十六景」 1760 1849 葛飾北斎 1765 1831 十返舎一九 1773 1841 徳川家斉 1767 1848 曲亭馬琴 1776 1843 平田篤胤 1783 1842 柳亭種彦 1793 1841 渡辺崋山 1825 「四谷怪談」の初演 1814 1842 「南総里見八犬伝」刊行開始 1796 1866 シーボルト 1798 1864 男谷信友 1802 1850 勝小吉 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1815 神聖同盟 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1769 1849 ムハンマド・アリー Tooltip
(この項おわり)
header