西暦1846年 - 海王星の発見

天体力学の勝利
海王星
海王星はガリレオ・ガリレイやジェローム・ラランドによっても観測されていたが、当時は恒星と思われていた。(近年、ガリレオは海王星が惑星であると気づいていたとする仮説が発表された。)

天王星の発見後、その軌道のふらつきから未知の惑星が存在すると考えられるようになった。
1841 年、当時 22 歳だったアダムズは、たまたま本屋でイギリス科学振興協会年次報告書に書かれている天王星に関する話題を目にした。アダムズは摂動論を駆使し、未知の惑星の軌道要素を算出した。
1845 年 10 月、アダムズはグリニッジ天文台長エアリーに軌道要素を届けたものの、エアリーはそれを黙殺してしまった。

同じ頃、アダムズと独立して未知の惑星の軌道要素の計算に取り組んでいたフランスのユルバン・ルヴェリエは、彗星の近日点移動などに関して優れた業績を収めており、パリ天文台長アラゴーもその才能に一目置いていた。まめな性格のルヴェリエは、軌道要素計算の進捗状況を、パリ科学アカデミー紀要に報告しており、1846 年 8 月、軌道要素の確定値を記した論文を発表した。
ルヴェリエは早速、ベルリン天文台のガレに手紙を書き、観測を依頼した。手紙を受け取ってすぐにガレは観測を始め、ルヴェリエの位置予報から 1 度と離れていないところに、8等級の未知の惑星を発見したのである。

海王星発見の報を受け、エアリーも事の重大さを認めざるを得なくなり、しばらく、英仏間で第一発見者を誰にするかという論争が続いたが、結局、ルヴェリエに発見者の座を譲った。
なお、ガレが発見する 1 ヶ月前、チャリスは 2 度にわたって海王星を観測していたが、新惑星であることに気付かなかった。

ルヴェリエは、水星の近日点移動も、未知の惑星「ヴァルカン」の摂動によるものと予想し、この惑星の探索を試みた。しかし、水星の近日点移動は太陽の強い重力によるもので、それが解明されるのは 20 世紀に入り、アインシュタインが発表する一般相対性理論を待たねばならなかった。

この時代の世界

1725 1775 1825 1875 1925 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1819 1892 アダムズ 1801 1892 エアリー 1838 年周視差の発見 1839 ダゲレオタイプ 1819 1868 レオン・フーコー 1851 フーコーの振り子 1819 1901 ヴィクトリア女王 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1830 七月革命 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1773 1859 メッテルニヒ 1808 1873 ナポレオン3世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1831 1888 フリードリヒ3世 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1859 「種の起源」の出版 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1840 1842 アヘン戦争 1856 1860 アロー戦争 1854 1856 クリミア戦争 1852 ナポレオン3世が即位 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1842 1918 アブデュルハミト2世 1809 1865 リンカーン 1794 1858 ペリー 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1807 1870 リー将軍 1822 1885 グラント将軍 1861 1865 南北戦争 1833 1837 天保の大飢饉 1841 1843 天保の改革 1839 蛮社の獄 1793 1853 徳川家慶 1837 大塩平八郎の乱 1793 1837 大塩平八郎 1815 1860 井伊直弼 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1787 1856 二宮尊徳 1800 1860 徳川斉昭 1853 ペリー来航 1794 1858 ペリー 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1828 シーボルト事件 1814 1842 「南総里見八犬伝」刊行開始 1767 1848 曲亭馬琴 1825 「四谷怪談」の初演 1771 1840 光格天皇 1800 1846 仁孝天皇 1809 1858 島津斉彬 1819 1857 阿部正弘 1824 1858 徳川家定 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1843 「夢酔独言」 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1856 1860 アロー戦争 1850 1864 太平天国の乱 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1854 1856 クリミア戦争 1839 1881 ムソルグスキー 1861 農奴解放令 1840 1893 チャイコフスキー 1828 1910 トルストイ 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1857 1859 セポイの乱 1854 1856 クリミア戦争 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 西洋天文学史
著者 マイケル・ホスキン/中村士
出版社 丸善出版
サイズ 全集・双書
発売日 2013年05月31日
価格 1,080円(税込)
rakuten
ISBN 9784621086674
本書では、おもにヨーロッパを中心とした天文学の黎明期から、望遠鏡の発明を経て天体物理学として飛躍的に発展する19世紀中頃までの歴史について解説します。今では高度なビッグ・サエインスに発展している現代天文学とその宇宙観が、どのようにして誕生し、進歩してきたかを知るための格好の入門書です。
 
表紙 幻の惑星ヴァルカン
著者 トマス・レヴェンソン/小林 由香利
出版社 亜紀書房
サイズ 単行本
発売日 2017年11月13日
価格 2,376円(税込)
rakuten
ISBN 9784750515281
人々の欲望が生み出し、そして消し去られた惑星があった。ニュートン理論に基づいて考えれば、ここには未発見の惑星があるに違いないーまだ見ぬ惑星を探し求める人々、そしてアインシュタイン。未知の惑星探査を通じて、科学の進歩とパラダイムシフトを描く、ロマンあふれるサイエンス・ノンフィクション!
 
(この項おわり)
header