西暦1861年 - 南北戦争

アメリカ南部・北部の対立は内戦へ
ゲティスバーグの戦い
独立戦争米英戦争を経たアメリカは、北部と南部における経済基盤の違いが目立ってきた。

産業革命が進行していた北部では、競合するイギリス製品を排除するために保護主義を掲げていた。一方の何部では、植民地時代から続く大農場(プランテーション)で栽培していた綿花をイギリスに輸出するため、奴隷制度と自由貿易を求めていた。
エイブラハム・リンカーン
エイブラハム・リンカーンは共和党候補として大統領選に立候補し、1860 年 11 月 6 日、第16 代大統領に当選する。共和党員としては史上初の大統領であった。

奴隷解放を訴えるリンカーンに対して南部諸州は反感を強め、1861 年 2 月までに南部11 州は合衆国を離脱し、ジェファーソン・デイビスを大統領とする「アメリカ連邦」を結成する。

1861 年 3 月 4 日、リンカーンが大統領に就任したことで南北対立は決定的となった。そして 4 月 12 日、南部が北部のサムター要塞を攻撃し、南北戦争が始まる。
緒戦はリー将軍の率いる南部が優勢であったが、1862 年、リンカーンは奴隷解放宣言を発し、イギリスやフランスから援助を受けるようになる。
1863 年、リー将軍は反撃に出るが、ゲティスバーグで敗退する。11 月 19 日、リンカーンは、「人民の人民による人民のための政治」の一節で有名なゲティスバーグの演説を行う。
1864 年、グラントが北軍の司令官に就任すると、装備や工業力で劣る南軍は劣勢を強いられ、ついに 1865 年 4 月、南部の首都リッチモンドが陥落し、終戦を迎える。

南北戦争はアメリカの内乱ではあるが、動員兵力は北軍が 156 万人、南軍が 90 万人。両軍合わせて 62 万人もの死者を出した世界初の総力戦であった。

終戦直後の 1865 年 4 月 14 日、リンカーン大統領は観劇中のところを南部出身の俳優に狙撃され、絶命する。56 歳であった。
リンカーンの奴隷解放宣言は、黒人に市民権や土地所有権を与えたわけではなかった。また、北部の急進派が奴隷解放を急速に進めたため、かえって混乱を招き、黒人差別につながってゆくことになる。
グラント将軍は、その後、アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領として、第18 代大統領(1869 年~1877 年)を務める。

ゲティスバーグ演説と日本国憲法

1946 年(昭和 21 年)、GHQ 最高指令官として第二次世界大戦後の日本占領の指揮を執ったダグラス・マッカーサーは、憲法草案前文に、ゲティスバーグ演説の有名な一節を織り込んだ。

Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


この一文はそのまま和訳され、日本国憲法の前文に反映されている。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

1775 1825 1875 1925 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1807 1870 リー将軍 1822 1885 グラント将軍 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1860 全英オープンゴルフはじまる 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1851 ロンドン万博 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1834 1919 エルンスト・ヘッケル 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1813 1855 キルケゴール 1854 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1856 1860 アロー戦争 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1859 安政の大獄 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1865 亀山社中 1835 1867 坂本龍馬 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1825 1883 岩倉具視 1842 1868 沖田総司 1830 1878 大久保利通 1827 1877 西郷隆盛 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1877 西南戦争 1831 1866 孝明天皇 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1850 1864 太平天国の乱 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip

ゲティスバーグ古戦場の位置

(この項おわり)
header