西暦1854年 - クリミア戦争

ロシアとトルコの衝突
セヴァストーポリ包囲戦
オスマン帝国の弱体化につけ込んで南下政策を展開していたロシア帝国は、1853 年、ギリシア正教徒の保護を目的にオスマン領内に侵攻した。
当初はロシアが優勢であったが、ロシアの勢力拡大が東方貿易の障害になると考えたイギリスや、外交政策によって威信を高めようとしたナポレオン 3 世のフランスがトルコを援助し、1854 年、ロシアに宣戦布告し、クリミア戦争が始まる。
難攻不落といわれたセバストーポリ要塞が陥落すると、ロシア皇帝は憤死し、ロシアは敗退する。

1856 年、パリ条約によって講和。オスマン帝国の領土保全と国会の軍事中立化が明記され、ロシアは黒海艦隊を失い、西アジアにおける南下政策は一時頓挫する。
その後、ロシアは国内の近代化を図るとともに、清へ侵出することになる。

一方のオスマン帝国も近代化を進めることになるが、戦費調達を外債に頼っていたため、経済面で英仏に依存し、国家財政を逼迫していくことになる。
新聞社はクリミア戦争の戦況をイギリス本国で報道した。前線での負傷兵の扱いが悲惨な状況であることを伝え始めると、世論が沸騰する。そこでシドニー・ハーバート戦時大臣は、ナイチンゲールに戦地への従軍を依頼する。
1854 年 11 月、ナイチンゲールはシスター 24 名、職業看護婦 14 名の計38 名の女性を率いて従軍する。ナイチンゲールらが着任すると負傷兵の死亡率は改善し、その働きぶりから「クリミアの天使」とも呼ばれた。看護師を「白衣の天使」と呼ぶのは、ナイチンゲールに由来する。
なお、ナイチンゲールは赤十字活動には関わっていない。
1725 1775 1825 1875 1925 1854 1856 クリミア戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1796 1855 ニコライ1世 1820 1910 ナイチンゲール 1861 農奴解放令 1877 1878 露土戦争 1808 1873 ナポレオン3世 1805 1894 レセップス 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 七月革命 1773 1859 メッテルニヒ 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1809 1865 リンカーン 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1857 1859 セポイの乱 1853 ペリー来航 1804 1878 ハリス 1819 1857 阿部正弘 1810 1864 堀田正睦 1827 1898 中浜万次郎 1828 1899 勝海舟 1834 1901 福沢諭吉 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1815 1875 鳥居耀蔵 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1830 1859 吉田松陰 1800 1875 新門辰五郎 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1833 1877 木戸孝允 1867 大政奉還 1824 1858 徳川家定 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 Tooltip
(この項おわり)
header