西暦1859年 - 「種の起源」の出版

各界に議論を巻き起こす
チャールズ・ダーウィン(1869年)
イギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィン(Charles Robert Darwin)は、1859 年 11 月 24 日、進化論に関する著作『種の起源』を出版する。原題は "On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life" と非常に長い。

ダーウィンは、自然選択によって生物は環境に適応するように変化し、その種が分岐して多様な種が生まれると述べた。生存競争に打ち勝った種は生き残る(適者生存)と説明している。
その後もダーウィンによる改版が続けられ、1872 年(明治 5 年)ないし 1876 年(明治 9 年)まで内容が修正されていたという。
『種の起源』では、すべての生物は一種あるいはほんの数種の祖先から分岐して進化してきたと述べているが、その祖先はどうやって誕生したのか、また具体的にどのように進化してきたのかについては触れられていない。当時はDNAはおろか、1865 年に発見されたメンデルの遺伝法則の法則も 1900 年(明治 33 年)に“再発見”されるまで埋もれたままだったのだ。
にもかかわらず、『種の起源』は当時の科学者に指示され、さまざまな進化論が登場するきっかけとなった。
一方、『種の起源』は当時の宗教概念を覆す内容とみなされ、宗教的、哲学的論争を引き起こすことになる。現在でも、アメリカの一部の州などで、『種の起源』に基づく進化論は否定されている。
ダーウィンは 1831 年にイギリスのケンブリッジ大学を卒業すると、師ヘンズローの紹介で、イギリス海軍の測量船ビーグル号に乗船することになった。
1831 年 12 月 27 日、ポーツマスを出向したビーグル号は大西洋を南下し、マゼラン海峡を通って太平洋に出る。この間にダーウィンは、後の自然選択説につながる記録や考察を記すようになっていた。

1835 年 9 月から 10 月にかけ、ビーグル号はガラパゴス諸島のチャタム島(現・サンクリストバル島)に滞在した。この時点では、ダーウィンはまだ、進化や種の分化に気づいておらず、さまざまな動物とその変種をそのまま記録するにとどまっている。
ちなみに、ダーウィンが持ち帰ったとされるガラパゴスゾウガメ「ハリエット」は、2006 年(平成 18 年)6 月 22 日まで生き続けた。

1836 年 6 月にはケープタウンへ寄港し、天王星を発見したウィリアム・ハーシェルの息子で天文学者のジョン・ハーシェルを訪ねている。
そして 1836 年 10 月、ファルマス港に帰着した。航海は当初 3 年の予定だったが、ほぼ 5 年が経過していた。

ダーウィンは、1837 年 3 月、研究がしやすいロンドンに移住し、世界で初めてプログラム可能な計算機を考案したチャールズ・バベッジをはじめとする学者の輪に加わり、議論を深めあった。
ところが、1838 年頃から原因不明の胃炎や頭痛、動悸などの症状に苦しめられるようになり、これは死ぬまで治癒しなかった。
ビーグル号での 5 年にわたる航海を終えて帰国したダーウィンは、1939 年(昭和 14 年)、ジョサイア 2 世の娘エマと結婚した。ダーウィン家からは 1 万ポンドの一時金と 500 ポンドの一時金を、ウェッジウッド家からは 5000 ポンドの一時金と 400 ポンドの年金が贈られた。ダーウィンに地質学の指導をしたケンブリッジ大学のセジウィック教授のの年棒は 100 ポンドであった。
ダーウィンは資産を株式運用に充て、『種の起源』が発表された頃の年収は 5000 ポンド、1870 年(明治 3 年)以降は 8000 ポンドにもなったという。
ロンドン郊外のダウンの屋敷には常に 10 人前後の使用人を雇っており、何不自由ない暮らしを過ごしていたのである。
ロンドンで研究を続けているときに、ダーウィンはトマス・マルサスの『人口論』を読んでいる。マルサスは『人口論』の中で、人類の人口は等比数列的に増加し、すぐに食糧供給を越え破局が起きると述べていた。
ダーウィンは、この考えを野生動物に拡大し、適者生存と自然選択という概念にたどりついた。
研究を続けていたダーウィンは、1859 年 11 月 24 日、それまでの成果を集大成した著作『種の起源』を出版する。反響は大きかった。
ドイツの解剖学者エルンスト・ヘッケルらは進化論の普及に努めたが、解剖学者のリチャード・オーウェンや『昆虫記』で有名なアンリ・ファーブルは反対論者に回った。
1865 年に遺伝の法則を発見したメンデルも『種の起源』を入手していたが、ほとんど読んでいなかったという。ダーウィンとメンデルの交流はなかったとみられる。

病気がちだったダーウィンは、こうした議論に直接的に参加することはなかったが、兄や妻、子どもたちの助けを借り、科学者たちの反応や報道記事を小まめにチェックし、世界中の同僚と意見交換している。
1725 1775 1825 1875 1925 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1823 1915 アンリ・ファーブル 1804 1892 リチャード・オーウェン 1792 1871 ジョン・ハーシェル 1791 1871 チャールズ・バベッジ 1834 1919 エルンスト・ヘッケル 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1775 1854 シェリング 1813 1855 キルケゴール 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1804 1881 ディズレーリ 1854 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1856 1860 アロー戦争 1773 1850 ルイ・フィリップ 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1807 1870 リー将軍 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1867 大政奉還 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1837 1913 徳川慶喜 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1864 高杉晋作の決起 1865 亀山社中 1835 1867 坂本龍馬 1830 1878 大久保利通 1827 1877 西郷隆盛 1877 西南戦争 1796 1866 シーボルト 1804 1878 ハリス 1798 1864 男谷信友 1809 1858 島津斉彬 1810 1864 堀田正睦 1800 1875 新門辰五郎 1831 1866 孝明天皇 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1850 1864 太平天国の乱 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 種の起源(上)改版
著者 チャールズ・ロバート・ダーウィン/八杉龍一
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1990年02月
価格 1,166円(税込)
rakuten
ISBN 9784003391242
自然選択と適者生存の事実を科学的に実証して進化論を確立し、自然科学の分野においてはもちろん、社会観・文化観など物の見かた全般に決定的な影響を及ぼした著作として、この『種の起原』の名を知らぬ人はあるまい。本訳書は、底本に1859年の初版を用い、さらに最終第6版までの各版の異同をくわしく記した決定訳である。
 
表紙 種の起源(下)改版
著者 チャールズ・ロバート・ダーウィン/八杉龍一
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1990年02月
価格 1,036円(税込)
rakuten
ISBN 9784003391259
地質学・植物学・動物学など、博物学のはば広い基盤の上に立つダーウィン(1809-82)の進化論の根底には、自然的存在としての人間の本質の解明ということがある。『種の起原』刊行後、科学は長足の進歩をとげたが、人間と社会、そして文明の問題を考える上で、ダーウィンの思想はつねに検討すべき重要な課題としてわれわれの前にある。
 
表紙 ダーウィン自伝
著者 チャ-ルズ・ロバ-ト・ダ-ウィン/八杉龍一
出版社 筑摩書房
サイズ 文庫
発売日 2000年06月07日
価格 1,296円(税込)
rakuten
ISBN 9784480085580
進化論によって近代思想に画期的な影響をおよぼしたチャールズ・ダーウィンの自伝。本書は孫娘ノラ・バーロウの編集による無削除決定版で、従来の版では削除されていた、彼の徹底した宗教否定の立場、当時の学者などに対する人物評、思想形成の過程など興味深い事実が語られている。また、19世紀イギリス思想史の貴重な史料にもなっている。
 
表紙 科学史人物事典
著者 小山慶太
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 2013年02月
価格 993円(税込)
rakuten
ISBN 9784121022042
十六世紀のコペルニクスから現代の先端科学まで、160人以上の科学者を選び、業績だけでなく、当時の世相や科学者たちの素顔も紹介。読んで楽しい人物事典。
 

参考サイト

(この項おわり)
header