西暦1619年 - ケプラーの法則

地動説が有利に
ヨハネス・ケプラー
1619 年(元和 5 年)、ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler)は、ティコ・ブラーエが行った惑星の位置の精密な観測を基礎にして、「ケプラーの法則」と呼ばれる 3 つの経験則を導き出す。
  1. 惑星は太陽を焦点とする楕円軌道を描く。
  2. 太陽から惑星に至る直線は、等時間に等面積を描く。
  3. 惑星の公転周期の二乗は、太陽からの平均距離の三乗に比例する。
ケプラーは、当初、神秘学によって宇宙の謎を解明しようとした。
1596 年(文禄4 年)に刊行した最初の著作『宇宙の神秘』では、正多面体が 5種類しかないことを挙げ、これが 6 つの惑星(水星、金星、地球、火星、木星、土星)の間に配置されると考えた。まず、土星の軌道に内接するように正六面体を置き、次にそれに内接する形で木星の軌道を描く‥‥という感じである。
いまから考えれば科学的根拠のない説であるが、ケプラーは自分の説を証明するために、天体観測家として名をはせていたティコ・ブラーエのもとを訪れた。
ケプラーは、すぐに自説の誤りを認め、ティコの観測結果の解析を粘り強く進めた。
1619 年(元和 5 年)に『世界の調和』を刊行し、ついにケプラーの法則を発表したのである。

コペルニクスの地動説は、惑星の公転軌道が円であるとしたため、天動説モデルより惑星の位置予報を正確にできたとは言えなかった。
ケプラーのモデルでは惑星の軌道を楕円としたため、天動説よりもはるかに正確な惑星の位置予報ができるようになった。これにより、地動説は天動説より有利な立場に立つことになる。

なお、ケプラーの法則の物理的証明は、ニュートンの「万有引力の法則」が登場するまで待たなければならなかった。

この時代の世界

1525 1550 1575 1600 1625 1650 1675 1700 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1572 ティコの新星 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1632 『ウラノメトリア』出版 1572 1625 ヨハン・バイエル 1582 グレゴリオ暦の導入 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1611 欽定訳聖書 1561 1626 フランシス・ベーコン 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1568 1609 ネーデルラント独立戦争 1649 ピューリタン革命 1571 レパントの海戦 1566 1625 ジェームズ1世 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1588 アルマダ戦争 1598 ナントの勅令 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1636 ハーバード大学の創立 1615 大阪夏の陣 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1603 江戸時代の始まり 1593 1615 豊臣秀頼 1567 1615 淀君 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1600 関ヶ原の戦い 1579 1632 徳川秀忠 1585 豊臣秀吉が関白に任官 1590 秀吉による天下統一 1592 文禄の役 1597 慶長の役 1582 本能寺の変 1569 1633 崇伝 1564 1620 ウィリアム・アダムス 1591 千利休、切腹 1567 1615 真田幸村 1571 1617 後陽成天皇 1567 1636 伊達政宗 1609 サンフランシスコ号が漂着 1584 1645 宮本武蔵 1583 1657 林羅山 1636 日光東照宮が完成 1637 島原の乱 1604 1651 徳川家光 1648 清の建国 1559 1626 ヌルハチ 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1626 1643 ホンタイジ 1645 ポタラ宮殿の建設 1598 シビル・ハン国の滅亡 1632 タージ・マハル着工 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 Tooltip

参考書籍

(この項おわり)
header