西暦1930年 - 冥王星の発見

偶然の産物
冥王星
アメリカの天文学者クライド・トンボーは、ローウェル天文台で天体写真を用いて第9 惑星を探すプロジェクトに取り組んでいた。
1930 年(昭和 5 年)2 月 18 日、トンボーは、23 日と 29 日に撮影された写真乾板の間で動いていると思われる天体を見つけた。ローウェル天文台はさらに確証的な写真を得るよう努力したあと、発見の報を 1930 年(昭和 5 年)3 月 13 日にハーバード大学天文台へ電報で送った。
アメリカの天文学者パーシヴァル・ローウェルは、火星の運河を観測するため、1894 年(明治 27 年)に私財を投じてローウェル天文台を建設した。
ローウェルはまた、海王星の軌道の揺らぎに影響を与えているとする 9番惑星の存在を予言し、1905 年(明治 38 年)から 9番惑星探索のプロジェクトを開始した。実際の冥王星は海王星の軌道に影響するほどの引力はなく、トンボーが発見したのは単なる偶然だったと考えられている。

1978 年(昭和 53 年)6 月、アメリカの天文学者ジェームズ・クリスティーが衛星カロンを発見する。
2006 年(平成 18 年)6 月の国際天文学連合 (IAU) 総会で惑星の定義が明確になり、直径は 2,320km の冥王星は準惑星(dwarf planet)に降格された。

この時代の世界

1825 1875 1925 1975 2025 1930 冥王星の発見 1906 1997 クライド・トンボー 1929 暗黒の木曜日 1927 航空機による大西洋横断 1934 日米親善野球 1895 1948 ベーブ・ルース 1903 1941 ルー・ゲーリッグ 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1941 1945 太平洋戦争 1882 1945 フランクリン・ルーズベルト 1938 ミュンヘン協定 1936 スペイン内戦 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 アドルフ・ヒトラー 1923 ミュンヘン一揆 1900 1945 ハインリヒ・ヒムラー 1918 トゥーレ協会結成 1928 ファシスト党による一党独裁 1883 1945 ムッソリーニ 1939 1945 第二次世界大戦 1937 ヒンデンブルク号の爆発 1927 航空機による大西洋横断 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1945 国際連合が発足 1946 ユネスコが発足 1948 ベルリン封鎖 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1919 ベルサイユ条約 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1928 ペニシリンの発見 1881 1955 アレクサンダー・フレミング 1875 1961 カール・グスタフ・ユング 1885 1962 ニールス・ボーア 1887 1961 エルヴィン・シュレーディンガー 1901 1954 エンリコ・フェルミ 1900 1958 ヴォルフガング・パウリ 1930 第1回FIFAワールドカップ開催 1935 シュレーディンガーの猫 1931 満州事変 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1906 1946 婉容 1909 1953 文繡 1914 1987 嵯峨浩 1920 国際連盟の創設 1932 五・一五事件 1936 二・二六事件 1937 盧溝橋事件 1928 張作霖爆殺事件 1941 1945 太平洋戦争 1928 昭和天皇、即位の大礼 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1861 1949 牧野伸顕 1884 1943 山本五十六 1884 1948 東条英機 1884 1948 近衛文麿 1909 1948 太宰治 1917 1944 沢村栄治 1883 1959 鳩山一郎 1894 1952 豊田喜一郎 1927 上海クーデター 1879 1940 トロツキー 1879 1953 スターリン 1917 十月革命 1917 二月革命 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1922 1923 トルコ革命 1869 1948 ガンジー 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

参考書籍

表紙 かくして冥王星は降格された
著者 ニール・ド・グラス・タイソン/吉田三知世
出版社 早川書房
サイズ 単行本
発売日 2009年08月25日
価格 2,160円(税込)
rakuten
ISBN 9784152090645
科学的な判断か、文化をふまえた「民主主義的な」判断か。冥王星をめぐる問題は、人類が累積してきた太陽系に関する諸知識が交錯する最前線であり、科学とは何かを本質的に再考する絶好の機会でもある。冥王星の助命を嘆願する子供たちの手紙から、正式な裁定の根拠にいたるまで、とりどりの図版と資料を収録し、冥王星を、そしてすべての科学を愛する人に贈る「冥王星事件簿」。
 
(この項おわり)
header