西暦1930年 - 第1回FIFAワールドカップ開催

ウルグアイが優勝
1930 年(昭和 5 年)7 月 13 日から 30 日にかけ、ウルグアイで第1 回目の FIFA ワールドカップが開催された。これ以降の大会とは異なり、招待された 13 チームが本戦で戦う形式であった。

国際サッカー連盟(FIFA:Fédération Internationale de Football Association)は、1904 年(明治 37 年)5 月、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、ドイツ、デンマーク、フランス、ベルギーの 8 ヶ国で創立した。初代会長はフランスのロベール・ゲラン。
1921 年(大正 10 年)、第3 代会長にフランスのジュール・リメが就任し、FIFA ワールドカップ開催を目指す。当初、ヨーロッパ各国はウルグアイへの長い船旅を敬遠していたが、リメの説得工作で、フランスと同盟関係にあったベルギー、フランス、ルーマニア、ユーゴスラビアの 4 カ国が参加することとなった。
日本も招待されていたが、1927 年(昭和 2 年)の昭和金融恐慌の影響で大日本蹴球協会は財政難に陥っており、参加を見送った。

7 月 30 日に行われた決勝戦で、ウルグアイは 4 対 2 でアルゼンチンを下し、会長のジュール・リメから優勝杯を受け取った。
リメの功績をたたえ、最初の優勝杯はジュール・リメ・カップと呼ばれる。1970 年(昭和 45 年)にブラジルが 3 回目の優勝を果たし、その偉業を称えてブラジルに永久に渡されることになった。

この時代の世界

1825 1875 1925 1975 2025 1930 第1回FIFAワールドカップ開催 1873 1956 ジュール・リメ 1938 ミュンヘン協定 1936 スペイン内戦 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 アドルフ・ヒトラー 1923 ミュンヘン一揆 1900 1945 ハインリヒ・ヒムラー 1918 トゥーレ協会結成 1928 ファシスト党による一党独裁 1883 1945 ムッソリーニ 1939 1945 第二次世界大戦 1937 ヒンデンブルク号の爆発 1927 航空機による大西洋横断 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1945 国際連合が発足 1946 ユネスコが発足 1948 ベルリン封鎖 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1919 ベルサイユ条約 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1928 ペニシリンの発見 1881 1955 アレクサンダー・フレミング 1875 1961 カール・グスタフ・ユング 1885 1962 ニールス・ボーア 1887 1961 エルヴィン・シュレーディンガー 1901 1954 エンリコ・フェルミ 1900 1958 ヴォルフガング・パウリ 1935 シュレーディンガーの猫 1930 冥王星の発見 1906 1997 クライド・トンボー 1929 暗黒の木曜日 1927 航空機による大西洋横断 1934 日米親善野球 1895 1948 ベーブ・ルース 1903 1941 ルー・ゲーリッグ 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1941 1945 太平洋戦争 1882 1945 フランクリン・ルーズベルト 1931 満州事変 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1906 1946 婉容 1909 1953 文繡 1914 1987 嵯峨浩 1920 国際連盟の創設 1932 五・一五事件 1936 二・二六事件 1937 盧溝橋事件 1928 張作霖爆殺事件 1941 1945 太平洋戦争 1928 昭和天皇、即位の大礼 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1861 1949 牧野伸顕 1884 1943 山本五十六 1884 1948 東条英機 1884 1948 近衛文麿 1909 1948 太宰治 1917 1944 沢村栄治 1883 1959 鳩山一郎 1894 1952 豊田喜一郎 1927 上海クーデター 1879 1940 トロツキー 1879 1953 スターリン 1917 十月革命 1917 二月革命 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1922 1923 トルコ革命 1869 1948 ガンジー 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header