MacBook はコストパフォーマンスに優れたノートPC

2006年8月 購入
MacBook Early 2006
MacBook Early 2006
5 年前に購入した Power Book G4(Ti) のディスプレイヒンジが傷み、液晶表示も不安定になってきたことから、新たに MacBook を買った。
ボディはポリカーボネート製と、チタンの Power Book G4 に比べると安っぽさは拭えないが、CPU に Intel Core Duo を搭載することで、定価 134,800 円とお手頃価格ながら、PowerBook を凌ぐ性能を発揮する。

CPU:Intel Core Duo

Intel Core Duo T2400
Intel Core Duo T2400
2005 年(平成 17 年)、アップルは将来的にインテルの CPU を採用することを発表し、2006 年(平成 18 年)1 月の MacBook Pro(PowerBook の後継機)や iMac から Intel Core シリーズの CPU を搭載するようになった。
今回購入した MacBookiBook の後継となるノート PC だが、CPU にインテリ製 Core Duo T2400 を搭載することで、性能は飛躍的に向上した。
MacBook Early 2006
I/F は左側に集中
CPU がデュアルコアになったことで、2004 年(平成 16 年)に発売された PowerBook G4(PowerPC G4 1.5GHz)に比べ、楽曲や動画のエンコード速度は 2~3 倍も早くなった。価格は半分である。
た。
MacBook Early 2006
光学ドライブは右側
一方で、専用GPU を搭載しないことから、2D/3D のグラフィック性能は PowerBook G4 に及ばないが、ネットサーフィンやオフィス製品を使う分には体感差はない。

MagSafe 電源アダプタ

MagSafe - MacBook Early 2006
MagSafe
AC アダプタと MacBook 本体は、MagSafe (マグセーフ)  という電源ケーブルで結ばれる。電気ポットで採用されている磁力で吸着する方式で、誤って電源ケーブルに足を引っかけた際に簡単に抜けるというメリットがある。
MagSafe - MacBook Early 2006
MagSafe
コネクタ部には発光ダイオードが内蔵されており、充電中はオレンジ色、完了時には緑色が点灯する。

単純で安全性を考えた設計なのだが、いかんせん、アップル製品のケーブルは捻れに弱く、全体としての安全性に欠ける。この後の機種でも捻れによる断線に悩まされることになる。

主要スペック

項目 仕様 コメント
CPU Intel Core Duo (1.83GHz) PowerPC世代に比べると、体感で分かるほど早い。
メモリ 512MB 最大2GB
グラフィックス Intel GMA 950 グラフィックス CPU内蔵のため、高度なグラフィック処理はPowerBookに劣る。
HDD 60GB  
光学ドライブ DVD-ROM スロットインタイプ
OS Mac OS X v10.4 Leopard  
ディスプレイ 13.3インチ
TFT クリアワイドスクリーンディスプレイ
 
解像度 1,280×800 ピクセル 外部への拡張デスクトップおよびビデオミラーリングモードをサポート。最大1,920×1,200ピクセルの外部表示を同時サポート。
サウンド ステレオスピーカー×1
無指向性マイク×1
 
iSight カメラ 解像度:640×480 ピクセル  
有線ネットワーク 10/100/1000BASE-T×1  
無線ネットワーク IEEE802.11g×1  
Bluetooth 2.0 + EDR  
インタフェース FireWire 400×1
USB 2.0 ポート×2
光デジタルオーディオ入力/オーディオライン入力×1
光デジタルオーディオ出力/ヘッドフォン出力×1
Mini DVIポート×1
 
バッテリ駆動時間 約6時間 実用では3~4時間程度
サイズ 約325(W)×227(D)×27.5(H)mm 意外に分厚い。
重量 約2.36kg 意外に重い。

歴代パソコン

参考サイト

(この項おわり)
header