パソコン「MZ-2521」でプログラミングからパソコン通信へ

1985年10月 購入
MZ-2521
本格的にプログラミングを始めるために、シャープのパソコン「MZ-2521」を購入した。

シャープ・パソコンのクリーン設計を引き継ぎつつ、CPU を Z80B に強化。RAM はバンク切り替えで最大 256KB まで搭載できる。SuperMZ の名前の通り、当時の 8 ビット・パソコンとしては最強のハード性能を備えていた。

CPU Z80B

CPU Z80B
CPU は 8 ビットの Z80B――当時、ほとんどのパソコンが 4MHz の Z80A を搭載するなか、Z80B は 6MHz 動作を可能としていた。クロック性能で単純に 1.5 倍速いことになる。

シャープ・パソコンのクリーン設計を引き継ぎつつ、CPU を Z80B に強化。RAM はバンク切り替えで最大 256KB まで搭載できる。SuperMZ の名前の通り、当時の 8 ビット・パソコンとしては最強のハード性能を備えていた。

アドレス管理

Z80 シリーズは最大 64KB のアドレスしか管理できない。
MZ-2500 シリーズでは、8KB×64=512KB の物理アドレス空間の任意の 8 つを CPU のアドレス空間に割り当てるバンクメモリ回路を備えている。
これにより、メイン RAM は最大 256KB、GVRAM(グラフィック)は最大 128KB、CGRAM(テキスト)は 14KB、IPL-ROM は 32KB という、16 ビット・パソコンなみのアドレス管理能力を備えている。

この結果、当時は 16 ビットのPC-9801 シリーズにしかできなかった 640×400 ドット・ 16色グラフィック表示や、40 文字×20行の漢字表示を可能にした。また、320×200/400 ドットながら、256色カラー表示も可能にした。
ゲームなどで使うキャラクタは、シャープお得意の PCG(Programmable Character Generator)にあらかじめ登録することで、カラーのキャラクターが 8 ビット CPU とは思えない速度で画面上を飛び回った。

ボイスレコーダー

本体前面左側のボイスレコーダーもユニークな機能だ。
カセットテープの録音・再生が可能なのだが、これまでのシャープのパソコン・ソフトが利用できるよう、プログラムやデータのロード/セーブが可能になっている。MZ-2000/2200 シリーズのソフトも動かすことができる。

プログラムから制御が可能で、後に購入した専用モデムフォンとボイスボードを使い、留守番電話として使えるようにした。

2種類のBASIC

OS の代わりに使われる BASIC インタプリタは 2種類が同梱されており、いずれもフロッピーディスクから起動する。
BASIC-S25 は、それまでのシャープ・パソコンに搭載されてきた BASIC の上位互換システム。
BASIC-M25 は、シェアを広げつつあったマイクロソフト BASIC(N-88-BASIC など)の互換システム。BASIC-M25 のソースコードを載せた書籍『BASIC-M25 ソース・リスト : Super MZ』が出版され、その後、CP/M で C コンパイラを製作する際に大いに参考になった。

Personal CP/M

シャープから純正 OS として、Personal CP/M が発売された。
1970 年代の米デジタルリサーチによって開発された、8 ビット CPU 向けのシングルユーザー・シングルタスク OS で、後の MS-DOS に大きな影響を与えた。

アセンブラが付属しており機械語での開発も可能だったが、オープンソースだった Small-C を日本語化して移植した。

雑誌『Oh! MZ』では読者参加企画として、S-OS というシャープ全機種共通OS が開発され、さまざまな高級言語やゲーム、アプリケーションなどがリリースされた。すべてオープンソースで、大いに勉強になった。また、私も LISP や FORTH の開発をサポートした。

拡張性

MZ-2521
オプション品が豊富で、ジョイスティック、モデムフォン、ボイスボード、5 インチ FDD などを揃えた。

RS-232C に加え、拡張スロットが 2 本あり、拡張性も優れていた。
アダプタを自作し、X1/turbo シリーズの拡張ボードを利用できるようにした。
また、16 ビット CPU Z280 を搭載するワンボードを接続し、CP/M-Plus でプログラム開発を行った。

キーボード

MZ-2521
キーボードは重量1.4kg もある重厚な作りで、長くプログラミングを続けても肩が凝らず、とても助かった。

パソコン通信

パソコン通信を意識した設計になっており、RS-232C を標準装備しており、専用モデムフォンは 300bps という低速ながら、電話とデータ通信を 1 台でまかなうことができる。また、ターミナルソフトが標準添付されている。
モデムフォンは BASIC からの制御も可能で、当時主催していた SIG の管理を行うために、朝になると自動接続し、未読記事やメールのダウンロード、必要な応答を自動で行うプログラムを作った。

LHarc の CP/M への移植がスムーズに進んだのも、北海道にお住まいの原作者、吉崎栄泰 (よしざき はるやす) さんとパソコン通信で連絡を取り合えたおかげだ。

後に言うネット・ストーカーに絡まれたのも、この頃である。モデムフォンを使った自動応答システムを作ったのも、ストーカー対策が動機だった。
その後、ボランティア活動を通じて、一人暮らしの高齢者のための緊急通報システムとして活用できることに気づき、いくつかの自治体に無償提供した。

私は正規のシステム開発教育を受けていないのだが、こうした趣味のプログラミングのおかげで、30 年後もシステム開発で飯を食っている。ありがたいことである。
スペック
項目 仕様 コメント
CPU Z80B
6MHz / 4MHz
 
RAM 128KB 最大 256KB
GVRAM 64KB
640×400(4色)
320×200(256色)
最大 128KB
640×400(16色)
320×400(256色)
CGRAM 14KB + PCG
80文字×25行/20行/12行カラー8色
40文字×25行/20行/12行カラー64色
ROM IPL-ROM 32KB
漢字ROM 256KB
漢字ROMはJIS第一・第二水準標準装備
サウンド YAMAHA YM2203×1(FM音源×3+SSG音源3) オプションのボイスボードにより音声合成も可能
フロッピードライブ 3.5インチ 2DD×2台  
ボイスレコーダー カセットテープレコーダー アナログ録音/再生の他、データやプログラムのセーブ/ロードが可能
拡張スロット 2本  
インターフェース プリンタ(セントロニクス)×1
シリアル(RS-232C)×2
外部FDD(SHARP仕様)×1
ジョイスティック×2
キーボード×2
マウス×2
ディスプレイ出力×2
ディスプレイテレビ制御×1
専用モデム本端子×1
音声入出力端子(モノラル)×1
 
同梱ソフト BASIC-S25
BASIC-M25
BASIC-M25はマイクロソフトBASIC互換
消費電力 50W  
外形寸法(突起部除く) 幅350mm×奥行345mm×高さ128mm  
質量 約8.6kg  

1985~1988年に発売された主なパソコン

メーカー
機種
発売時期
定価
CPU OSなど 主記憶
外部記憶
画像表示
NEC
PC-98XA
1985年5月
57万5千円~
16ビット
80286 8MHz
ROM:N88-BASIC
漢字ROM
FDD:MS-DOS
512~768Kバイト
FDD
別売HDD
1120×750ドット
16色カラー
NEC
PC-9801U
1985年5月
57万5千円~
16ビット
V30 8MHz
ROM:N88-BASIC
漢字ROM
FDD:MS-DOS
128Kバイト
FDD
640×400ドット
8色カラー
富士通
FM-77AV
1985年10月
12万8千円
8ビット
68B09 8MHz
ROM:
F-BASIC
漢字ROM
FDD:OS-9
64~256Kバイト
FDD
640×200ドット
8色カラー
PSG 3音
NEC
PC-98LT
ラップトップ
1986年10月
23万8千円
16ビット
V50 8MHz
ROM:N88-BASIC
漢字ROM
FDD:MS-DOS
384Kバイト
FDD
640×400ドット
2階調
シャープ
X68000
1987年3月
36万9千円~
16ビット
68000 10MHz
FDD:Human68k + SX-Window
X-BASIC
漢字ROM
512Kバイト~
FDD
別売HDD
768×512ドット
16色カラー
PSG 3音 + ADPCM
エプソン
PC-286
1987年3月
35万7千円
16ビット
80286 10MHz
ROM:ROM-BASIC
漢字ROM
FDD:MS-DOS
640Kバイト
FDD
640×400ドット
16色カラー
IBM
IBM PS/55
1987年5月
98万円~
32ビット
386DX 16MHz
FD:JDOS
OS/2
漢字ROM
1Mバイト
FDD
HDD
1024×768ドット
16色カラー
Apple
Macintosh II
1987年9月
75万円
32ビット
68020 16MHz
ROM:
漢字Talk 2.0~
1~8Mバイト
FDD
別売HDD
640×480ドット
256色カラー
NEC
PC-98XL2
1987年9月
98万円~
32ビット
386DX 16MHz
V30 8MHz
FD:MS-DOS
OS/2
漢字ROM
512K~14.5Mバイト
FDD
HDD
1120×750ドット
16色カラー
NEC
PC-9801RA
1988年7月
49万8千円~
32ビット
386DX 16MHz
V30 8MHz
ROM:
N-88BASIC
FD:MS-DOS
OS/2
漢字ROM
1.6~14.6Mバイト
FDD
HDD
640×400ドット
16色カラー
エプソン
PC-386
1989年1月
59万8千円~
32ビット
386DX 20MHz
ROM:
ROM-BASIC
FD:MS-DOS
漢字ROM
1.6~14.6Mバイト
FDD
HDD
640×400ドット
8色カラー

歴代パソコン

(この項おわり)
header