シャープ「MZ-1500」でパソコンデビュー

1984年9月 購入
MZ-1500
シャープのパソコン「MZ-1500」を購入した。それまで、ワンボードマイコンを組み立てたり、プログラム電卓でプログラミングしたことはあったが、パーソナル・コンピュータを購入したのは、これが初めてである。
大学では電算実習で FACOM を使って FORTRAN でプログラミングを学び、先輩の PC-8801mkII を使って「信長の野望」で遊び、研究室にあった PC-9801VM を使って「一太郎」で原稿を作成してきたのだが、いざ自分で買おうとしても、ディスクドライブを搭載した PC には手が届かない。そんな中発売された MZ-1500 は“クイックディスクドライブ”を搭載しながら 89,800 円という破格の値段――が、騙された。

クイックディスク

クイックディスク
クイックディスク(QD)というのは、見た目は 3.5 インチ・フロッピーディスクを二回り小さくしたような形をしているが、構造的にはカセットテープの延長線上にある。つまり、シーケンシャルアクセスのみで、フロッピーディスクのようにランダムアクセスができない。
シーケンシャルアクセスというのは、メディアの指定された場所から順次データを読み書きする方式のことである。
バックアップ用のテープ装置のように、一度に大量のデータを保存し、あとで何度も読み出すようなことがない場合には便利なのだが、細切れのデータを自由に読み書きすることはできない。
シーケンシャルアクセス
クイックディスクの場合、片面64K バイト、両面128K バイトの容量があるが、左図のようにデータが記録されているトラックが螺旋状になっており、ドライブの構造を単純化させたことでシーケンシャルアクセス(※1)しかできない。それでもカセットテープより高速に読み書きができるので、後述するクリーンコンピュータにするには打って付けだった。
ランダムアクセス
一方、フロッピーディスクの場合、左図のようにトラックが同心円状になっており、ヘッドを移動させることで、自由にトラックの間を行き来し、指定したトラックを読み書きできるようになっている。
さらに、1 つのトラックの中が複数のセクタに別れており、実際にはセクタ単位で読み書きが可能になっている。これはハードディスクも同じである。
クイックディスクのジャケットの厚み、形状を変更した「ファミリーコンピュータ ディスクカード」が、任天堂のファミリーコンピュータ・ディスクシステムで採用されている。
(※1)プログラムやデータは、DATA FILE という可変長のファイル構造(BTX、OBJ、BSD 形式)によって読み書き可能になっているが、ドライブ構造を簡素化してコストダウンをはかったことから、ディスクアクセスの時には一度最外周までヘッドを移動してから読み書きを行うというシーケンシャルアクセスしかできない。

トライアングル設計

メモリマップ
シャープは、他社に比べて非力な性能を補うべく、大仰なキャッチフレーズを用いるのが好きだった。MZ-1500 は「トライアングル設計」というキャッチフレーズがついた。

1 つ目はクイックディスクの搭載。これは先述の通り。

2 つ目は クリーンコンピュータ――システムプログラムは外部記憶メディアから主記憶に読み込んでスタートする仕組みなっていた。いまでこそ当たり前の仕組みなのだが、当時はまだ珍しかった。
MZ-80K試作機で、ROM に収めたシステムプログラムにバグがあり、これを交換することが難しかったため、交換が容易な外部記憶メディアを読み込む方式に変えたという経緯がある。怪我の功名ではあるものの、シャープがクリーンコンピュータというフレーズを積極的に使うようになるのは、1980 年(昭和 55 年)の製品カタログや解説書からになる。
1978 年(昭和 53 年)11 月に発売された MZ-80K(※2)では、別売のカセットテープから BASIC インタプリタを読み込めるようになった(SP-5010、5020、5030 の 3 つのバージョンが販売された)。だが、テープの読み込むに数分かかり、シャープのパソコンを起動している間にインスタント麺が茹で上がるというネタになったほどである。
それがクイックディスクになり、ほんの数秒で BASIC インタプリタが起動できるようになった。これは、Windows を起動するより早いかもしれない。

3 つ目は RAM ファイル――オプションではあるが、クイックディスクは 64K バイトを一気に読み書きするバッファメモリが用意されている。
だが、MZ-1500 の CPU Z80 は 64K バイトのメモリしか扱うことができないから、バッファだけで全メモリを使い切ってしまう。
そこで、Z80 I/O アドレス空間が 16 ビット(64K バイト)であることを利用し、メモリアクセスとは別に、64K バイト分のバッファ(RAM ファイル)を制御することに成功している。
無い袖が振れないなら、他所からパッチ用の布地を持ってこよう――このアイデアを考えついた技術者は大したものである。
BASIC や機械語からは、この RAM ファイルにランダムアクセスすることができるようになっている。
(※2)東京大学が運営する近代科学資料館には、後継機の MZ-80B が常設展示されている。

テレビがモニタ代わりに

MZ-1500 BASIC
MZ-1500 にはデジタル RGB 出力端子が内蔵されているが、当時、パソコン用の RGB モニタは高価であった。
そこで、コンポジットビデオ出力端子や RF 出力端子も内蔵されている。とくに RF 出力は、ファミコンと同じで、テレビの 1 チャンネルまたは 2 チャンネルで見ることができた。
テキスト表示は 40 文字×25行、グラフィック表示は 320×200 ドットと低解像度であり、テレビでも十分に見ることができたのである。
というわけで、しばらくは家のテレビをモニタ代わりに使っていた。

漢字ROMボードと辞書ROMボード

JIS第一水準だけではあるが、オプションで漢字 ROM ボードが用意されている。
ユニークなのは、辞書 ROM ボードである。
当時、PC-8801mkII や PC-9801VM のように、ランダムアクセス可能なフロッピーディスクドライブを搭載しているパソコンでは、フロッピー上に日本語変換辞書を持たせていた。登場したばかりの ATOK もこの方式であった。
QD しか持たない MZ-1500 は、シャープのワープロ専用機「書院」で培ってきた辞書 ROM をオプションとして販売したのである。
結局、辞書 ROM をサポートしたワープロソフトはユーカラ JJしか販売されなかったが、16 ビット PC にも引けをとらないスピードで日本語変換ができた。

PCGとゲーム

グラフィックは PCG(Programmable Character Graphic)という特殊なハードで実現している。
これは、8×8 ドット、8色から任意の色指定ができるキャラクタを 1024 個定義できるというものである。ここで、横方向に 40 個、縦方向に 25 個のキャラクタを並べると、(8×40)×(8×25)=320×200 ドットの疑似グラフィックを描くことが可能となる。
付属の S-BASIC には LINE や CIRCLE といったグラフィック命令が用意されているが、これは内部的に PCG を定義することで実現している。ただし、8色混在グラフィックを描画するには工夫が必要であった。また、PCG へのデータ書き込みは水平ブランキング期間に行うというハードウェア制約があり、グラフィック描画に時間がかかった。
一方、あらかじめ PCG を定義しておけば表示やスクロールは高速で、後述するように、アーケードゲームの移植が行われた。

ハドソンが販売する HuBASIC は、グラフィック命令が N88-BASIC や F-BASIC に近く、タイリングペイントを行うことが可能であった。
ドルアーガの塔
ドルアーガの塔
一方で、ハードから見た場合にはキャラクタを操作しているので、画面上の移動は用意であった。さらに、320×200 ドットを使っても、PCG は 24 個余るので、この余りを自機や敵キャラに割り当てて、グラフィック上を自在に動かすことができた。
SN76489 チップを 2 個使った PSG ステレオ音源が利用できることも相まって、「パックマン」「ギャラガ」「ドルアーガの塔」といったアーケードゲームが移植された。
サンダーフォース
サンダーフォース
ゼビウスをベースに開発されたサンダーフォースは、8 方向に高速スクロールするうえ、PSG による音声合成で「サンダーフォース」と叫んだものである。

MZ-1500 ではゲームで遊びことが多く、本格的にプログラミングを始めるのは 1 年後に購入する MZ-2500 からであった。
スペック
項目 仕様 コメント
CPU Z80A
約3.58MHz
 
RAM 64KB  
テキストおよびアトリビュートVRAM 4KB
40文字×20行(8色)
 
グラフィックVRAM 24KB
320×200ドットと24文字のPCG(8色)または1000文字(1024文字)のPCG(8色)
ROM MZ-700互換モニタ(1Z-009B) 4KB
MZ-1500用モニタ(9Z-502M) 8KB
CGROM 4KB
JIS第1水準の漢字ROMボードはオプション
サウンド SN76489×2 6オクターブ・3重和音+1ノイズのステレオ出力が可能
内蔵スピーカー出力は最大500mW
外部記憶装置 5インチ 2DD×2台 別売品
ボイスレコーダー クイックディスクドライブ×1 片面64KB、両面使用時128KB
拡張スロット 汎用拡張I/Oスロット×1
RAMファイル専用スロット×1
ボイスボード専用スロット×1
 
インターフェース デジタルRGB出力(8ピンDIN)×1
コンポジットビデオ出力×1
RF出力×1
ジョイスティック×2
データレコーダ用端子×1
プリンター(セントロニクス準拠)×1
 
同梱ソフト QD BASIC  
消費電力 28W  
外形寸法(突起部除く) 幅440mm×奥行305mm×高さ109mm  
質量 約5kg  

歴代パソコン

参考サイト

参考書籍

表紙 DIGITAL RETRO
著者 ゴードン・ライング/森美樹
出版社 トランスワールドジャパン
サイズ 単行本
発売日 2006年09月
価格 3,240円(税込)
rakuten
ISBN 9784925112659
本書は、70〜80年代に登場した市場に革命をもたらし、あるいはひっそりと消えていった家庭用コンピューターを、開発秘話からその後の展開まで、詳細にわたって紹介している。シンクレア社の精密な技術、エイコーン社「アルキメデス」の素晴らしいつくり。また、IBM社とクローン製の戦いやアップル社の動乱期など、世界中で起こったコンピュータ史に残る出来事もカバー。
 
(この項おわり)
header