西暦1622年 - ホルムズ奪還

イングランド・ペルシア連合軍がポルトガルを破る
ホルムズ島のポルトガル城塞
ホルムズ島のポルトガル城塞
1622 年、ポルトガルに占領されていたホルムズ島を、ジェームズ 1 世のイングランド王国と、アッバース 1 世サファヴィー朝の連合軍が 10週間包囲し、これを奪還した。
ホルムズは、ペルシャ湾とインドや東アフリカを結ぶ交易の拠点で、ゾロアスター教の神アフラ・マズダーが町の名前の語源となっている。マルコ・ポーロの『東方見聞録』にはコルモスとして紹介されている。
鄭和 (ていわ) は艦隊を率いてインド洋から東アフリカの各地に朝貢を求め、1412 年からホルムズを目的地とし、永楽帝の勅書をホルムズ王に手渡している。

1498 年、ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋航路を開拓すると、1515 年にポルトガル船隊がホルムズを支配下に置き、以後、ヨーロッパとインドの貿易を独占した。
アッバース1世
アッバース1世
1588 年、クーデターによりサファヴィー朝の第5 代シャーとなったアッバース 1 世は、建国以来要職を独占していたキジルバシ(トルコ系遊牧民のサファヴィー教徒)を排除し内政改革を行った。
1598 年には、首都をカズヴィーンからイスファハーンへ遷都する。さらに、シャイバーニー朝のアブドゥッラー 2 世が死去を狙い、帝国の北西方面にあるウズベク族を討伐し、ホラーサーン地方を奪った。
1603 年、アッバース 1 世はオスマン帝国への対外遠征を開始。1623 年、バクダードを奪還する。
ジェームズ1世
ジェームズ1世
アッバース 1 世は、イングランド王国に絹貿易を保障することでジェームズ 1 世と同盟を結び、軍隊の近代化を行った。イギリス東インド会社が派遣したイングランド艦隊と連合し、1622 年、ホルムズを攻略、奪還する。
ポルトガルのバッキンガム公はイギリス東インド会社を訴えようとしたが、逆に東インド会社はホルムズ占領の戦利品の 1 割をバッキンガム公に贈ることで、訴えを取り下げさせた。

この時代の世界

1525 1550 1575 1600 1625 1650 1675 1700 1622 ホルムズ奪還 1571 1629 アッバース1世 1632 タージ・マハル着工 1592 1666 シャー・ジャハーン 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1621 オランダ西インド会社が設立 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1626 1643 ホンタイジ 1645 ポタラ宮殿の建設 1566 1625 ジェームズ1世 1588 アルマダ戦争 1620 ベーコン『ノヴム・オルガヌム』 1561 1626 フランシス・ベーコン 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1611 欽定訳聖書 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1649 ピューリタン革命 1585 1642 リシュリュー 1601 1643 ルイ13世 1600 1649 チャールズ1世 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1599 1658 クロムウェル 1602 1661 マザラン 1620 ピルグリム・ファーザーズ 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1636 ハーバード大学の創立 1615 大阪夏の陣 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1603 江戸時代の始まり 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1600 関ヶ原の戦い 1579 1632 徳川秀忠 1569 1633 崇伝 1564 1620 ウィリアム・アダムス 1567 1636 伊達政宗 1609 サンフランシスコ号が漂着 1584 1645 宮本武蔵 1583 1657 林羅山 1636 日光東照宮が完成 1637 島原の乱 1604 1651 徳川家光 1573 1626 お江与の方 1626 崇源院(江)、死去 Tooltip
(この項おわり)
header