西暦1613年 - 慶長遣欧使節団が出発

支倉常長らがスペインを目指す
支倉常長
伊達政宗 (だてまさむね) は、家臣の支倉常長 (はせくらつねなが) に命じ、スペインとの交易を計画した。1613 年、常長は 180 人余とともに出向した。

一行は太平洋を東へ向かい、メキシコ経由で、1615 年スペインに到着した。スペイン国王フェリペ 2 世やローマ教皇パウロ 5 世に謁見するが、交渉は成立せず、1620 年に帰国した。
常長が出向する 4 年前の 1609 年、フィリピン総督ドン・ロドリゴの一行がサンフランシスコ号でメキシコへの帰還する途中に台風に遭い、上総国岩和田村(現在の千葉県御宿町)の海岸で座礁難破するという事故があった。一行は地元民に救助され、徳川家康は、ウィリアム・アダムス(三浦按針)の建造したガレオン船を贈り、ヌエバ・エスパーニャへ送還した。このことをきっかけに、日本とスペインとの交流がはじまっていた。
1525 1575 1625 1675 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1567 1636 伊達政宗 1571 1622 支倉常長 1527 1598 フェリペ2世 1609 サンフランシスコ号が漂着 1542 1616 徳川家康 1564 1620 ウィリアム・アダムス 1603 徳川家康が征夷大将軍に任官 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1615 大阪夏の陣 1600 関ヶ原の戦い 1560 1600 石田三成 1553 1625 毛利輝元 1582 1602 小早川秀秋 1568 1623 黒田長政 1561 1624 福島正則 1593 1615 豊臣秀頼 1546 1604 黒田如水 1579 1632 徳川秀忠 1573 1626 お江与の方 1567 1615 真田幸村 1592 文禄の役 1597 慶長の役 1536 1598 豊臣秀吉 1567 1615 淀君 1539 1599 前田利家 1567 1612 小西行長 1562 1611 加藤清正 1567 1612 有馬晴信 1571 1646 柳生宗矩 1536 1643 天海 1569 1633 崇伝 1573 室町幕府が滅ぶ 1583 賤ヶ岳の戦い 1584 小牧・長久手の戦い 1537 1597 足利義昭 1571 1617 後陽成天皇 1571 1646 柳生宗矩 1584 1645 宮本武蔵 1611 欽定訳聖書 1566 1625 ジェームズ1世 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1561 1626 フランシス・ベーコン 1588 アルマダ戦争 1533 1603 エリザベス1世 1543 1596 フランシス・ドレーク 1568 1609 ネーデルラント独立戦争 1547 1616 セルバンテス 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1583 1645 フーゴー・グローティウス 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1602 オランダ東インド会社設立 1600 イギリス東インド会社設立 1559 1626 ヌルハチ 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1598 シビル・ハン国の滅亡 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 Tooltip
(この項おわり)
header