西暦1866年 - 薩長同盟

坂本龍馬が取りなす

ひとつやろう難 (1866) しい薩長同盟

坂本龍馬
1866 年(慶応 2 年)1 月 21 日、坂本龍馬 (さかもとりょうま) が仲介し、京都二本松薩摩藩邸で薩長同盟 (さっちょうどうめい) (薩長連合)が結ばれる。

禁門の変 (きんもんのへん) で対立していた薩摩藩と長州藩であるが、薩英戦争 (さつえいせんそう) 下関戦争の経験から、しだいに攘夷が実現困難と考えるようになっていた。

禁門の変で敗れた桂小五郎 (かつらこごろう) (のちの木戸孝允 (きどたかよし) )は、一時、身を隠す。
1865 年(慶応元年)、桂小五郎は長州に帰還し、土佐を脱藩し薩摩藩の西郷隆盛 (さいごうたかもり) の元に身を寄せていた坂本龍馬に出会う。
坂本龍馬は薩摩藩と長州藩が連合する必要性を認識していた。そこで、亀山社中を介して、薩摩から長州へ武器を送り、代わりに薩摩で不足しているコメを長州から送るように計らった。

そして 1866 年(慶応 2 年)に坂本龍馬が仲立ちし、長州藩の桂小五郎と薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通 (おおくぼとしみち) らが会合し、薩長同盟が誕生する。薩長同盟は、幕府を倒し、新政府を立ち上げる重要な役割を担うことになる。
龍馬自筆「薩長同盟裏書」
薩長が密約を交わした後、その実効性に不安を覚えた桂小五郎が、同盟の仲介人である坂本龍馬に内容を確認するよう手紙で求め、龍馬が手紙の裏に赤字で間違いないと裏書きした「薩長同盟裏書 (うらがき) 」(=左写真)は木戸家から皇室に献上され、現在も皇室が保管している。
同じ年、徳川慶喜 (とくがわよしのぶ) が 15 代将軍(最後の徳川将軍)に就任し、翌1867 年には明治天皇 (めいじてんのう) が即位する。(大政奉還
1775 1825 1875 1925 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1833 1877 木戸孝允 1865 亀山社中 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1842 1868 沖田総司 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1841 1909 伊藤博文 1837 1919 板垣退助 1838 1922 大隈重信 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1825 1883 岩倉具視 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1877 西南戦争 1831 1866 孝明天皇 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1804 1881 ディズレーリ 1854 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1856 1860 アロー戦争 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1807 1870 リー将軍 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 龍馬史
著者 磯田道史
出版社 文藝春秋
サイズ 単行本
発売日 2010年09月
価格 1,439円(税込)
rakuten
ISBN 9784163730608
龍馬の性格、大局観、交渉術、人脈、思想、行動、そして暗殺をめぐる現場検証。龍馬の全生涯を視野に入れ、新事実と緻密な推理で読み解く「龍馬暗殺」の全貌。
 
表紙 木戸孝允 「勤王の志士」の本音と建前
著者 一坂太郎
出版社 山川出版社(千代田区)
サイズ 全集・双書
発売日 2010年07月
価格 864円(税込)
rakuten
ISBN 9784634548701
開国問題を機に、それまで政治の蚊帳の外におかれていた天皇の権威が急速に高まった幕末。長州藩の若手リーダーとなった桂小五郎(木戸孝允)は、いかにして動乱の時代に向きあい、新時代への道を模索していったのか。ある時は「勅」を利用し、またある時は「勅」により追いつめられる日々。朝敵の烙印を押された長州藩を復権させ、維新の栄光を背負わせた「勤王の志士」の生涯とは。
 
(この項おわり)
header