西暦1904年 - 日露戦争

小国日本が大国ロシアを破る
東郷平八郎 - 日露戦争
1904 年(明治 37 年)2 月 8 日、日本はロシアに宣戦布告し、日露戦争が勃発する。
戦争は朝鮮半島と満州南部を主戦場とし、1905 年(明治 38 年)9 月 5 日に日露両国がポーツマス条約を受け入れ終戦する。

時代背景

19 世紀末、急速に工業化を進めていたドイツ帝国の皇帝ヴィルヘルム 2 世は、隣国のロシアとフランスが同盟関係(露仏同盟)にあることを危惧していた。そこで、黄色人種に対する驚異を喧伝する黄禍論 (おうかろん) を利用し、ロシアにシベリア鉄道の建設を急がせ、東アジアへ目を向かせた。

そんな中、清(中国)では内乱(義和団の乱 (ぎわだんのらん) )が起き、これを鎮圧するために欧米と日本の 8 カ国が清へ出兵し、北清事変 (ほくしんじへん) に発展する。
こうして義和団の乱は鎮圧されたが、ロシア軍はその後も満州に駐留を続けた。
朝鮮半島の権益をロシアに侵害されることを恐れた日本は、ロシア軍に対して引き揚げを求めていたが、なかなか実行されない。一方、ボーア戦争で疲弊し、中国における権益を守りたいイギリスもまた、ロシアに脅威を感じていた。イギリスは孤立政策を一転し、1902 年(明治 35 年)1 月 30 日、日英同盟協定を結ぶ。

この頃のアメリカは工業化が進み、海外に市場を求めていた。アメリカは当時 4 億人の人口をほこった清に目をつけ、満州の門戸開放を迫った。
しかし満州にはロシア軍が駐留しており、これを排除する必要があった。
そこで、アメリカは満州の門戸開放をすることを条件に、日本の朝鮮半島における利権を保証するという提案を行った。

旅順攻略

1904 年(明治 37 年)2 月 8 日、日本軍は、三国干渉の後にロシアが租借していた旅順 (りょじゅん) に配備されていたロシア旅順艦隊を攻撃し、日露戦争が勃発する。
戦争は、朝鮮半島と満州南部を主戦場として一進一退を続けていた。日本もロシアも鉄道を総動員し、戦地へ兵士や物資を送り込んだ。

6 月 6 日、ロシアの旅順艦隊と旅順要塞を攻略するため、乃木希典 (のぎまれすけ) が率いる日本陸軍第三軍が塩大墺 (えんだいおう) に上陸する。8 月 19 日に要塞への総攻撃をかけるが、堅固な要塞を攻略することはできず、8 月 24 日に攻撃をいったん中止する。
そして、旅順の西北にある丘(日本軍が 203高地と命名)から要塞の頭越しに艦隊を攻撃する作戦に変更する。9 月 19 日に 203高地への攻撃を開始する。しかし、ロシア軍に阻まれ、日本軍側は 2500 人もの死者を出したにもかかわらず、4 日後に撤退する。
このとき攻略した隣の南山坡 (なんざんは) から旅順艦隊へ攻撃することがわかった。

日本海海戦

1904 年(明治 37 年)10 月 16 日、ロシアはバルチック艦隊を派遣する。旅順艦隊にバルチック艦隊が合流してしまうと日本の敗戦が濃厚になるので、日本軍は旅順要塞の攻略を続けていた。
11 月 14 日、日本は明治天皇の御前会議において、旅順艦隊撃滅を最優先にすることが決まる。11 月 27 日、203高地の攻略が再びはじまり、死傷者は日本軍1 万 7 千人、ロシア軍が 4600 人におよんだ。12 月 5 日、ついに 203高地が日本軍の手に落ち、旅順艦隊への総攻撃が始まった。

1905 年(明治 38 年)5 月 27 日の日本海海戦では、東郷平八郎 (とうごうへいはちろう) が率いる連合艦隊は東郷ターンによりバルチック艦隊を撃破した。バルチック艦隊の戦艦8隻を含む 27隻を沈没または降伏させ、逃げ延びたのは 3隻だけだった。
1905 年(明治 38 年)1 月、ロシアでは血の日曜日事件が発生した。ロシア革命の始まりである。ロシア国内は次第に混乱してゆく。一方、日本は戦争を継続するだけの体力を持っていなかった。
そこで、アメリカが仲介する形で、1905 年(明治 38 年)9 月 5 日、アメリカのポーツマスで講和条約(ポーツマス条約)を締結する。
ポーツマス条約では、日本に対すてロシアの賠償金の支払いなどはなく、不満を持った民衆が交番などを焼き払う日比谷焼き討ち事件が起きる。
アジアの小国が大国ロシアを破ったという知らせは、ヨーロッパの植民政策にあえぐアジア各国に勇気を与えた。
なお、日本海海戦を記念してフィンランドが東郷ビール(トーゴービール)を販売しているというエピソードが小学校の教科書に掲載されているが、これは風説に過ぎない。

ロシアの目を極東に向けるヴィルヘルム 2 世の戦略は失敗した。
極東進出を諦めたロシアは、1907 年(明治 40 年)、英露協商を結ぶ。イギリスは 1904 年(明治 37 年)にフランスと英仏協商を結んでおり、これら三国協商と、ドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟とが対立するようになる。
これがやがて第一次世界大戦の引き金となる。

アメリカは満州の門戸開放に成功したが、やがて朝鮮半島から満州へ進出した日本軍と対立を深める。これが太平洋戦争の遠因となっている。

この時代の世界

1825 1875 1925 1975 1904 1905 日露戦争 1849 1912 乃木希典 1847 1934 東郷平八郎 1905 血の日曜日事件 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1894 1895 日清戦争 1895 三国干渉 1900 1901 義和団の乱 1900 北清事変 1914 1918 第一次世界大戦 1901 八幡製鉄所が操業開始 1901 田中正造が天皇に直訴 1841 1913 田中正造 1844 1897 陸奥宗光 1838 1919 山県有朋 1871 1911 幸徳秋水 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1879 1926 大正天皇 1913 大正政変 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1884 秩父事件 1881 1884 自由党 1882 1896 立憲改進党 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1873 三菱商会の誕生 1834 1901 福沢諭吉 1836 1908 榎本武揚 1847 1913 桂太郎 1878 1933 吉野作造 1906 満鉄の開業 1837 1913 徳川慶喜 1909 伊藤博文の暗殺 1889 大日本帝国憲法の公布 1900 雑誌「明星」創刊 1873 1935 与謝野鉄幹 1878 1942 与謝野晶子 1862 1922 森鴎外 1885 1942 北原白秋 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1867 1902 正岡子規 1867 1916 夏目漱石 1886 1912 石川啄木 1872 1896 樋口一葉 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1905 1919 ロシア革命 1917 二月革命 1917 十月革命 1828 1910 トルストイ 1897 ツィオルコフスキーの公式 1888 1925 アレクサンドル・フリードマン 1908 ツングースカ大爆発 1877 1878 露土戦争 1918 シベリア出兵 1900 北清事変 1906 満鉄の開業 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1909 伊藤博文の暗殺 1911 辛亥革命 1853 1910 ラーマ5世 1898 ラジウムの発見 1867 1934 マリー・キュリー 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1885 狂犬病ワクチンの開発 1905 「特殊相対性理論」の発表 1879 1955 アルバート・アインシュタイン 1891 魔法瓶の発明 1842 1923 ジェイムズ・デュワー 1894 コヒーラー検波器の発明 1851 1940 オリバー・ロッジ 1895 無線通信の実験 1874 1937 マルコーニ 1882 1920 マックス・ボルン 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1912 ピルトダウン人の化石 1864 1944 ウッドワード卿 1847 1929 ランケスター 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1874 1939 ハワード・カーター 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1911 南極点に史上初めて到達 1900 北清事変 1887 シャーロック・ホームズ登場 1888 切り裂きジャック 1912 タイタニック号が沈没 1898 米西戦争 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1876 電話の発明 1847 1922 グラハム・ベル 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1878 1930 カーチス 1887 マイケルソン=モーリーの実験 1838 1923 モーリー 1855 1916 ローウェル 1866 1936 アン・サリヴァン 1898 米西戦争 1914 パナマ運河開通 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1877 1878 露土戦争 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1842 1918 アブデュルハミト2世 Tooltip

参考書籍

表紙 坂の上の雲 新装版 1-8巻セット
著者 司馬遼太郎
出版社 文藝春秋
サイズ 文庫
発売日 2010年06月
価格 5,512円(税込)
rakuten
ISBN 2100010029416
 
表紙 海の翼
著者 秋月達郎
出版社 新人物往来社
サイズ 文庫
発売日 2010年03月
価格 771円(税込)
rakuten
ISBN 9784404037916
イラン・イラク戦争開始から五年後の一九八五年(昭和六十)三月七日、イラク軍は突如、三月十九日以降にイラン領空を飛ぶ航空機の無差別攻撃を宣言。自国機の乗り入れのなかった日本は、イラン国内に取り残された在留日本人の救出対策に苦慮する。タイムリミットが迫るなか、日本人の苦境を知って、救援に動いた国があった…。このトルコ政府の英断の裏には、明治二十三年(一八九〇)九月、日本訪問から帰国中に紀州沖で台風にまきこまれたトルコ軍艦エルトゥールル号遭難の悲劇があったー。百年の時空を超えた“恩返し”を描いた感動の書き下ろし長篇大作。
 
表紙 日露戦争 すっきり読める作戦・戦闘・勝利
著者 三野正洋
出版社 新人物往来社
サイズ 文庫
発売日 2010年11月
価格 720円(税込)
rakuten
ISBN 9784404039330
本書は、司馬遼太郎の大作『坂の上の雲』を歴史に残る名著と評価し、こよなく愛する著者が、その「副読本」として書いた日露戦争史。司馬文学ファンならずとも必読の一書である。
 

武蔵野八幡宮

武蔵野八幡宮
武蔵野八幡宮(東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-23)には、日清・日露戦争の記念碑がある。
(この項おわり)
header