西暦1908年 - ツングースカ大爆発

衝撃波は地球を1周
ツングースカ大爆発
1908 年(明治 41 年)6 月 30 日 7 時 2 分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現 ロシア連邦クラスノヤルスク地方)の上空で謎の大爆発が起きた。
爆発エネルギーは TNT 火薬5 メガトンと推定され、東京都の面積に匹敵する森林をなぎ倒し、多くの動物を一瞬にして焼き殺した。衝撃波は 1,000km も離れた家の窓ガラスを割り、4 時間41 分後、ドイツで観測された。さらに 8 時間後にアメリカで衝撃波を観測、地球を 1 周し、30 時間28 分後に再びドイツで観測された。

これだけの爆発にも関わらず、第一次世界大戦やロシア革命で混乱していたロシア帝国は調査を行うことをせず、1921 年(大正 10 年)にソ連科学アカデミー調査団によってはじめて現地調査が行われることになる。
1946 年(昭和 21 年)、ロシアの SF 作家アレクサンドル・カザンツェフが「爆発は地球に墜落した異星人の宇宙船に積まれた核爆弾によるものである」という内容の小説「爆発」を発表し、UFO爆発説が唱えられるようになる。

2013 年(平成 25 年)、ウクライナ科学アカデミーが、1978 年(昭和 53 年)に収集した岩のサンプルから隕石由来の鉱物を発見。このサンプルが 1908 年(明治 41 年)の泥炭層から見つかったことから、直径 50~100m の隕石が大気中で 5 メガトン規模の爆発を起こしたということが裏付けられた。
これに先立つ 2007 年(平成 19 年)、米サンディア国立研究所の研究チームが、スーパーコンピューターを使い、隕石は脆い素材でできており、大気中のエアバーストにより強力な衝撃波を産み出したことを証明した。このため、隕石の破片はほとんど残らなかったと考えられている。
1800 1825 1850 1875 1900 1925 1950 1908 ツングースカ大爆発 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1918 シベリア出兵 1894 1895 日清戦争 1917 十月革命 1917 二月革命 1914 1918 第一次世界大戦 1919 ベルサイユ条約 1920 国際連盟の創設 1898 ラジウムの発見 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1896 近代オリンピックはじまる 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 1898 ファショダ事件 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1842 1918 アブデュルハミト2世 1904 1905 日露戦争 1914 1918 第一次世界大戦 1918 シベリア出兵 1920 国際連盟の創設 1906 満鉄の開業 1901 八幡製鉄所が操業開始 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1901 田中正造が天皇に直訴 1841 1913 田中正造 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1900 雑誌「明星」創刊 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1867 1916 夏目漱石 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1909 伊藤博文の暗殺 1841 1909 伊藤博文 1913 大正政変 1847 1913 桂太郎 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1834 1906 ラングレー 1898 米西戦争 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1914 1918 第一次世界大戦 1906 満鉄の開業 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1909 伊藤博文の暗殺 1900 1901 義和団の乱 1911 辛亥革命 1871 1908 光緒帝 1859 1916 袁世凱 Tooltip

付近の地図

参考書籍

表紙 天体衝突
著者 松井孝典
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2014年04月
価格 1,058円(税込)
rakuten
ISBN 9784062578622
6550万年前の小惑星の衝突によって恐竜たちは突然絶滅し、哺乳類の時代が始まった。いまや地球や生命の進化は、天体衝突という「突発的な事件」が、その原因と考えられるようになったのだ。「科学的」という言葉の概念が、いま大きく変化する。
 
表紙 THE ROSWELL 封印された異星人の遺言 上
著者 ボイド・モリソン/阿部清美
出版社 竹書房
サイズ 文庫
発売日 2015年09月
価格 810円(税込)
rakuten
ISBN 9784801904446
1908年のツングースカ大爆発から10年後、荒涼としたロシアの地でイワン・ドムブロフスキーは男を追っていた。凄絶な追跡劇の末、ついに彼はある物を入手する…。そして、現在。タイラー・ロックと相棒グラントは、ニュージーランドの老婦人フェイを訪ねるも、怪しい二人組から襲撃されてしまう。驚いたことに、彼女は1947年に米国のロズウェルで宇宙人に遭遇し、不思議な遺物を受け取ったと話す。真相解明のため豪州に渡った彼らは、謎のロシア人たちによる爆弾テロ計画に巻き込まれる。やがて、フェイの遺物と敵が狙う米の秘密兵器“キルスイッチ”をつなぐ真実が、タイラーをイースター島に向かわせることにー。
 
表紙 THE ROSWELL 封印された異星人の遺言 下
著者 ボイド・モリソン/阿部清美
出版社 竹書房
サイズ 文庫
発売日 2015年09月
価格 810円(税込)
rakuten
ISBN 9784801904453
イースター島でモアイ像の秘密を探るタイラーたちは、全ての謎を解く鍵がナスカの地上絵とインカ帝国の遺跡にあると知る。だが、ロシア人のコルチェフらがフェイを誘拐し、先にペルーへと旅立ってしまう。仕掛けられた時限爆弾を解除すべく決死の行動に出たタイラーだったが、息つく暇もなく、マヤ文明のピラミッドで再び窮地に陥る。相手は威力を増したキルスイッチでアメリカを終焉させ、世界勢力地図を書き換える気なのだ。刻一刻と迫る爆弾テロ決行日の7月25日。タイラーはコルチェフの暴走を制止できるのか。そして、フェイがロズウェルで遭遇した宇宙人の正体は?点と点が結ばれたとき、衝撃の事実が明らかになる!
 

参考サイト

(この項おわり)
header