西暦1914年 - パナマ運河開通

10年以上の歳月をかけ開通
パナマ運河
パナマ運河(Panama Canal)は、太平洋と大西洋(カリブ海)を連絡する閘門式 (こうもんしき) の海洋運河だ。中央アメリカ南東部のパナマ地峡にあり、7 万 5000 人以上の作業者が 10 年以上の歳月をかけ、1914 年(大正 3 年)に開通した。
カリブ海岸のコロンから人造湖ガツン湖を経て太平洋岸のバルボアに通じる。
船の通過所要時間は 8 時間。複線6 対の閘門をもち,長さは両大洋の深海面から約 81km、両海岸線間では約 65km あり、水路底幅は最短90 メートル、深さは最低 13 メートルとなっている。

運河がつくられるまで、ニューヨークからサンフランシスコへ向う船は、東海岸を南下した後、南アメリカの大西洋岸にそってさらに南下し、南アメリカ大陸の先端ホーン岬を回って北上しており、2 万 900km 以上の距離を航行しなければならなかった。パナマ運河のおかげで、この航行は約 1 万 2500km に短縮された。
パナマ運河 を通過できる船の最大サイズをパナマックスと呼ぶ。
世界で最も有名な豪華客船「クイーン・エリザベス」は、パナマ運河を通過するために全幅 32 メートルと細身の船体となっている。

2007 年(平成 19 年)9 月から 54 億ドルをかけて拡張工事が始まり、既存の往復 2 つのレーンに加え、第3 レーンが建設され、2016 年(平成 28 年)6 月に完成した。大型の閘門をもうけるなどして、従来は総トン数 65,000 トンの通行が限界だったが、その 3 倍近いの大型船が通行できるようになった。第3 レーンの最大サイズをニューパナマックスと呼ぶ
項目 パナマックス ニューパナマックス
全長 294.1m 366.0m
全幅 32.3m 49.0m
喫水 12.0m 15.2m
最大高 57.91m 57.91m

付近の地図

この時代の世界

1825 1850 1875 1900 1925 1950 1975 1914 パナマ運河開通 1898 米西戦争 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1852 1931 マイケルソン 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1927 航空機による大西洋横断 1918 シベリア出兵 1914 1918 第一次世界大戦 1919 ベルサイユ条約 1920 国際連盟の創設 1898 ラジウムの発見 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1904 英仏協商 1907 英露協商 1894 露仏同盟 1911 第二次モロッコ事件 1912 ピルトダウン人の化石 1912 タイタニック号が沈没 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1879 1955 アルバート・アインシュタイン 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1911 南極点に史上初めて到達 1918 トゥーレ協会結成 1908 ツングースカ大爆発 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1870 1924 レーニン 1879 1940 トロツキー 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1894 1895 日清戦争 1917 十月革命 1917 二月革命 1897 ツィオルコフスキーの公式 1857 1935 ツィオルコフスキー 1894 1895 日清戦争 1906 満鉄の開業 1901 八幡製鉄所が操業開始 1901 田中正造が天皇に直訴 1900 雑誌「明星」創刊 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1867 1916 夏目漱石 1862 1922 森鴎外 1871 1911 幸徳秋水 1909 伊藤博文の暗殺 1913 大正政変 1879 1926 大正天皇 1923 関東大震災 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1911 辛亥革命 1871 1908 光緒帝 1859 1916 袁世凱 1866 1925 孫文 1927 上海クーデター 1922 1923 トルコ革命 1881 1938 ムスタファ・ケマル Tooltip

参考書籍

表紙 パナマ運河 百年の攻防
著者 山本厚子
出版社 藤原書店
サイズ 単行本
発売日 2011年02月
価格 3,456円(税込)
rakuten
ISBN 9784894347847
 
(この項おわり)
header