西暦1897年 - ツィオルコフスキーの公式

宇宙旅行の父
コンスタンチン・ツィオルコフスキー
1897年(明治30年)、ロシアのロケット研究者、コンスタンチン・ツィオルコフスキーは、ロケット推進に関する「ツィオルコフスキーの公式」を発表する。
ロケットの発射時質量を m0、時間 T 経過後の質量を mT、質量変化は推進剤として速度 w で噴射されたものとすると、時間 T 経過後のロケットの速度変化分 ΔV は次の式で表される(ln は自然対数)。
 mimetex 
重力や空気抵抗の影響は考慮されていないものの、現代のロケットも基本的にはこの公式に従っており、ツィオルコフスキーは「宇宙旅行の父」と呼ばれるようになった。
ツィオルコフスキーは、1857年(安政3年)、モスクワ南東のリャザン州イジェフスクで生まれた。
活発な少年だったが、10歳の時に猩紅熱にかかり難聴となり、友達がいなくなり、次第に家に籠もりがちになった。母が他界し家計は苦しかったが、聡明な子どもに学問をさせるため、父はツィオルコフスキーをモスクワへ送った。モスクワで図書館通いをしたツィオルコフスキーは、独学で数学や物理学、天文学を学んだ。
1876年(明治9年)、数学の教師の資格を取得し、故郷のカルーガに戻って中学校で教師として働いた。
ジュール・ヴェルヌの『月世界旅行』を愛読しており、自宅の地下に実験室を設け、圧縮ガスを使った噴射実験などを行い、ついに「ツィオルコフスキーの公式」を導き出す。
だが、ツィオルコフスキーは、自らの研究成果をロシア帝国の学会に送ったが相手にされなかった。
1903年(明治36年)、ツィオルコフスキーは独自のロケット理論を「反作用利用装置による宇宙探検」という論文にまとめた。この中には、宇宙旅行や軌道エレベーターの可能性、液体燃料ロケットの設計図が含まれていた。今日のロケット工学は、この論文の発展形だと言っても過言ではない。

ロシア帝国時代は不遇だったツィオルコフスキーだが、ロシア革命を機に評価されるようになり、1919年(大正8年)にはソビエト社会主義共和国連邦科学アカデミーの会員となった。1935年(昭和10年)9月に死去し、国葬が執り行われた。

この時代の世界

1775 1825 1875 1925 1975 1897 ツィオルコフスキーの公式 1857 1935 ツィオルコフスキー 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1917 十月革命 1917 二月革命 1904 1905 日露戦争 1877 1878 露土戦争 1828 1910 トルストイ 1840 1893 チャイコフスキー 1888 1925 アレクサンドル・フリードマン 1908 ツングースカ大爆発 1879 1940 トロツキー 1879 1953 スターリン 1918 シベリア出兵 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 X線の発見 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1898 ラジウムの発見 1896 近代オリンピックはじまる 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1819 1901 ヴィクトリア女王 1809 1898 グラッドストン 1820 1910 ナイチンゲール 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 1905 「特殊相対性理論」の発表 1874 1939 ハワード・カーター 1909 北極点に史上初めて到達 1911 第二次モロッコ事件 1911 南極点に史上初めて到達 1900 北清事変 1887 シャーロック・ホームズ登場 1888 切り裂きジャック 1882 1920 マックス・ボルン 1875 1945 ゼボッテンドルフ男爵 1855 1916 ローウェル 1909 北極点に史上初めて到達 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1898 米西戦争 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1878 1930 カーチス 1882 1945 ロバート・ゴダード 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1901 八幡製鉄所が操業開始 1904 1905 日露戦争 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1881 1884 自由党 1882 1896 立憲改進党 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1873 三菱商会の誕生 1872 鉄道開通 1834 1901 福沢諭吉 1836 1908 榎本武揚 1901 田中正造が天皇に直訴 1841 1913 田中正造 1847 1913 桂太郎 1872 1896 樋口一葉 1867 1902 正岡子規 1867 1916 夏目漱石 1871 1911 幸徳秋水 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1900 雑誌「明星」創刊 1873 1935 与謝野鉄幹 1878 1933 吉野作造 1906 満鉄の開業 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1909 伊藤博文の暗殺 1889 大日本帝国憲法の公布 1862 1922 森鴎外 1876 1928 野口英世 1906 満鉄の開業 1835 1908 西太后 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1900 1901 義和団の乱 1909 伊藤博文の暗殺 1911 辛亥革命 1853 1910 ラーマ5世 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1881 1959 アーウィン 1897 1945 チャンドラ・ボース 1898 米西戦争 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 Tooltip

参考書籍

表紙 ニッポン宇宙開発秘史
著者 的川泰宣
出版社 NHK出版
サイズ 新書
発売日 2017年11月08日
価格 842円(税込)
rakuten
ISBN 9784140885338
敗戦国が始めた宇宙開発は、いまや世界トップレベルの技術を持つに至った。本書は、笑いあり涙ありの舞台裏をまじえて、その道のりを活写。逆境と克服を繰り返した歴史を辿ると、日本が持つ真の力と今後の行く末が見えてきた!なぜ私たちは宇宙をめざすのか?民間ロケットや「みちびき」は何をもたらすのか?「宇宙教育の父」が書き下ろす、一気読み間違いなしの決定版。
 
(この項おわり)
header