西暦1876年 - 電話の発明

蓄音機、マイクの発明が続く
グラハム・ベル自ら電話機で話す様子
アレクサンダー・グラハム・ベルは、電信機の故障を修理しているとき、音が電線を伝わることに気づいた。そこで電話機の開発に着手し、1876 年(明治 9 年)2 月 14 日午前 11 時頃、特許明細書を提出した。
同じ日の午後 1 時頃、イライシャ・グレイが予告記載書を提出したが、米国特許法は出願申請の日付ではなく発明成立の日付が早いほうに特許が与えられるため、1876 年(明治 9 年)3 月 7 日に米国特許174465 号としてグラハム・ベルが特許を取得した。
1876 年(明治 9 年)3 月に行われた最初の公開実験で、ベルは隣室にいる助手に「ワトソン君、用事がある、ちょっと来てくれたまえ」と話した。翌1877 年(明治 10 年)には電話機を日本へ輸出している。

ベル自身は電話ビジネスに興味がなかったようだ。
当時アメリカ最大の電信会社だったウェスタン・ユニオン社へ電話の特許を売却しようとしたが、同社は提案を一蹴。やむなく 1877 年(明治 10 年)にベル電話会社を設立。今日の AT&T社である。
もともとベルは人工鼓膜の研究をしていた大学教授で、電話ビジネスの成功の後も、耳の不自由な人の教育に熱心に取り組んだ。彼の母親は難聴であり、妻のメイベルも猩紅熱の後遺症で難聴であったことが背景にあるようだ。
アン・サリヴァンをヘレン・ケラーの家庭教師として紹介したのもベルだった。

1882 年(明治 15 年)には科学雑誌「サイエンス」(SCIENTIFIC AMERICAN)を創刊し、1896 年(明治 29 年)からはナショナルジオグラフィック協会の会長を務めた。
円筒式蓄音機
ベルより優れた電話機を開発してほしいという注文が、アメリカの発明家エジソンのもとにあった。依頼を受けたエジソンは、板に針を取り付けることで声が記録できることに気づいた。
そして、円筒に鈴箔を巻いた巻いたものに針で記録するフォノグラフ(蓄音機)を 1877 年(明治 10 年)に発表する。

フォノグラフの原理自体は、1857 年にレオン・スコットが発明していたが、再生機がなかったために普及しなかった。
エジソンのライバルであったエミール・ベルリナーは、1877 年(明治 10 年)、円盤形の蓄音機を発表する。後のレコードの原型となる。
電話機に欠かせないのがマイクロホンである。
1878 年(明治 11 年)、イギリスのエドワード・ヒューズカーボンマイクを発明した。

こうした技術開発を受け、1877 年(明治 10 年)に設立したベル電話会社が、電話による通信網を築き始める。最初の加入者はたった 600 台だったが、3 年後には 6 万台、10 年後には 20 万台に急増した。
1775 1825 1875 1925 1975 1876 電話の発明 1847 1931 エジソン 1847 1922 グラハム・ベル 1851 1929 ベルリナー 1831 1900 エドワード・ヒューズ 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1866 1946 H.G.ウェルズ 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1856 1939 ジークムント・フロイト 1859 1938 フッサール 1859 1941 ベルクソン 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1815 1898 ビスマルク 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1808 1873 ナポレオン3世 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1843 1890 新島襄 1845 1932 新島八重 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1835 1867 坂本龍馬 1865 亀山社中 1827 1877 西郷隆盛 1877 西南戦争 1872 鉄道開通 1838 1922 大隈重信 1841 1909 伊藤博文 1830 1878 大久保利通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1864 1929 津田梅子 1869 版籍奉還 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1837 1919 板垣退助 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1853 1910 ラーマ5世 1869 スエズ運河開通 1854 1856 クリミア戦争 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー Tooltip

参考書籍

表紙 誰が本当の発明者か
著者 志村幸雄
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2006年08月
価格 1,015円(税込)
rakuten
ISBN 9784062575256
エジソンは白熱電球の25番目の発明者!?ワットは単なる改良家!?アークライトは発明の盗人!?技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。
 
表紙 面白いほどよくわかる発明の世界史
著者 中本繁実
出版社 日本文芸社
サイズ 単行本
発売日 2008年06月
価格 1,512円(税込)
rakuten
ISBN 9784537256000
 
表紙 写真で見る発明の歴史
著者
出版社 あすなろ書房
サイズ 全集・双書
発売日 2008年04月
価格 2,700円(税込)
rakuten
ISBN 9784751524565
世界を変えた大発明が、この1冊に!時計、電話、電気…今では暮らしにかかせないこれらのものは、どのようにして生み出されたのか?その経緯をわかりやすく紹介します。意外やエピソードが満載。
 
(この項おわり)
header