西暦1869年 - 日本初の電信線架設工事始まる

其の神速なること、千万里といえども一瞬に達す
福沢諭吉「西洋事情」扉絵
1869 年(明治 2 年)10 月 23 日(旧暦 9 月 19 日)、東京-横浜間で電信線架設工事が始まる。

電信の実験は 18 世紀半ばのヨーロッパで始まった。
1832 年、ロシアのパヴェル・シリングが電磁石を利用した電信機を完成。1835 年には、ジョセフ・ヘンリーがリレーを発明し、長導線上の弱電流でも強力な電磁石を制御できるようになった。
そして 1837 年、モールスは電磁石を応用した電信機を発明、電信機及び電信符号のアイデアを特許出願した。

嘉永 2 年(1849 年)、松代藩士の佐久間象山 (さくましょうざん) は、オランダ語の文献を元に電信機を作成。70m ほどの通信実験を行った。
ヨーロッパの電信機が伝わったのは、安政元年(1853)年のことで、黒船で来航したペリーが幕府に献上したものであった。この電信機を 13 代将軍・徳川家定 (とくがわいえさだ) の前で実験したのが、勝海舟 (かつかいしゅう) 小田又蔵 (おだまたぞう) である。

慶応 2 年(1866 年)、福沢諭吉 (ふくざわゆきち) が「西洋事情」で電信を「其の神速なること、千万里と (いえど) も一瞬に達す」紹介し(当時は「伝信」と表記)、一般市民も電信の存在を知ることになる。
「西洋事情」の扉絵に電信が描かれているが、現代のインターネットを彷彿とさせるような絵図である。

そして、明治 2 年(1869 年)、東京-横浜間の電信線架設工事がはじまる。東京の築地運上所(税関)から横浜裁判所まで、約 32km に電柱 593 本を立て、初めて電信が実用化された。

その後、明治 3 年に大阪-神戸、明治 6 年に東京-長崎、明治 7 年に東京-青森、明治 8 年には青森-函館間が開通し、明治維新後 10 年もたたずに日本縦断の電信網が完成する。

1950 年(昭和 25 年)、電気通信省(現NTT)は、電信線の工事が始まった 10 月 23 日を「電信電話記念日」に制定した。
1775 1825 1875 1925 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1869 版籍奉還 1868 1869 戊辰戦争 1830 1878 大久保利通 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1833 1877 木戸孝允 1865 亀山社中 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1841 1909 伊藤博文 1837 1919 板垣退助 1838 1922 大隈重信 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1825 1883 岩倉具視 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1877 西南戦争 1796 1866 シーボルト 1804 1878 ハリス 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1845 1923 レントゲン 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1854 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1856 1860 アロー戦争 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1807 1870 リー将軍 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 西洋事情
著者 福沢諭吉/マリオン・ソシエ
出版社 慶応義塾大学出版会
サイズ 単行本
発売日 2009年06月
価格 1,512円(税込)
rakuten
ISBN 9784766416220
幕末・維新期の日本人に多大な影響を与え、日本の近代化を促進した西洋文明入門書。西洋の先端技術や社会制度など、日本の近代化に必要な情報と知識を、自らの渡米・渡欧体験をもとに、わかりやすく体系的に紹介する。
 
(この項おわり)
header