西暦1883年 - 鹿鳴館がオープン

鹿鳴館外交が始まる
落成当時の鹿鳴館
1883 年(明治 16 年)11 月 28 日、1,200 名を招待し、日本初の洋式社交クラブ「鹿鳴館 (ろくめいかん) 」のオープニング・セレモニーが催された。
外務卿の井上馨 (いのうえかおる) は、不平等条約の改正交渉をするために西洋風の社交場が不可欠と考えていた。1880 年(明治 13 年)、旧薩摩藩装束屋敷跡地に鹿鳴館の建設を開始する。設計は、外国人技師のジョサイア・コンドルである。

鹿鳴館は、1883 年(明治 16 年)7 月に落成する。
煉瓦造2階建てで 1階に大食堂、談話室、書籍室など、2階が舞踏室で 3 室開け放つと 100 坪ほどの広間になった。バーやビリヤードも設備されていた。
そして 11 月 28 日に落成祝賀会を迎え、外国の要人を接待する鹿鳴館時代が幕を開ける。

しかし、当時はダンスを踊れる日本人が少なかったため、特別に訓練を受けた芸妓や女子学生が動員されたという。こうした欧化政策を批判する国粋主義者は、鹿鳴館外交を退廃的行事として非難する。
次第に鹿鳴館外交への風当たりが強くなる中、井上は 1887 年(明治 20 年)4 月に外務大臣を辞任した。こうして鹿鳴館時代は 4 年弱で終わりを告げる。

鹿鳴館は、1894 年(明治 27 年)6 月 20 日に起きた明治東京地震で被災したが、修復し、家族開館に払い下げられた。その後、1927 年(昭和 2 年)に徴兵生命保険(現・大和生命保険)に売却された後も保存されていたが、1940 年(昭和 15 年)、ついに取り壊された。
1775 1825 1875 1925 1975 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1882 講道館の創設 1860 1938 嘉納治五郎 1882 上野動物園の開園 1881 1884 自由党 1837 1919 板垣退助 1882 1896 立憲改進党 1838 1922 大隈重信 1884 秩父事件 1885 内閣誕生 1886 ノルマントン号事件 1889 大日本帝国憲法、公布 1890 エルトゥールル号遭難事件 1890 教育勅語の発布 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1880 「君が代」が完成 1877 西南戦争 1827 1877 西郷隆盛 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1835 1867 坂本龍馬 1865 亀山社中 1872 鉄道開通 1841 1909 伊藤博文 1830 1878 大久保利通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1838 1919 山県有朋 1846 1877 和宮 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1853 1910 ラーマ5世 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1854 1856 クリミア戦争 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 スエズ運河開通 1857 1859 セポイの乱 1876 電話の発明 1831 1900 エドワード・ヒューズ 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング Tooltip

鹿鳴館跡地付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:鹿鳴館跡地

参考書籍

表紙 鹿鳴館
著者 三島由紀夫
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 1984年12月
価格 596円(税込)
rakuten
ISBN 9784101050355
 
表紙 明治外交官物語 鹿鳴館の時代
著者 犬塚孝明
出版社 吉川弘文館
サイズ 全集・双書
発売日 2009年10月
価格 1,836円(税込)
rakuten
ISBN 9784642056809
明治新政府は、西欧列国と肩を並べるべく外務省を創設する。不平等条約改正に奔走する鮫島尚信・森有礼ら若き外交官たち。外国賓客を饗応する鹿鳴館を造る井上馨。黎明期の日本外交を切り拓いた人々の奮闘を活写する。
 

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header