西暦1875年 - 同志社英学校が開校・明治天皇があんパンを食す

和洋折衷が功を奏す

同志社英学校が開校

同志社英学校は、新島襄 (にいじまじょう) が 1875 年(明治 8 年)11 月 29 日に京都に創設した私立学校で、同志社大学の前身だ。
建学精神はキリスト教精神に基づく「良心」である。「智育」(頭の教育)だけでなく、「徳育」(心の教育)をもあわせて行う所に最大の特色がある。
課程は 5 年制の普通科で、授業料は月 50銭、寄宿生は月 3 円だった。最初の生徒はわずか 8 人、すべて男子だった。
新島八重
新島襄は同志社英学校を開校する直前の 10 月、新島八重 (やまもとやえ) と婚約している。
八重は、悪妻、烈婦、元祖ハンサムウーマンなどと呼ばれるほど明治の時代にあってエネルギッシュに生き、皇族以外の女性としてはじめて政府より叙勲を受けた先進的な女性である。

新島八重の足跡

参考書籍

表紙 新島八重 (学習漫画 世界の伝記NEXT)
著者 柊ゆたか/三上修平
出版社 集英社
サイズ 全集・双書
発売日 2012年12月14日
価格 972円(税込)
rakuten
ISBN 9784082400590
幕末・明治という激動の時代を生きた新島八重の波乱万丈の生涯を紹介。
 
表紙 新島八重 ハンサムな女傑の生涯
著者 同志社同窓会
出版社 淡交社
サイズ 単行本
発売日 2012年10月
価格 1,296円(税込)
rakuten
ISBN 9784473038395
その個性から、「幕末のジャンヌ・ダルク」「ハンサムウーマン」「悪妻」など、さまざまに語られる新島八重。夫・新島襄をして、「ハンサム」と言わしめた自立した一個の個性の生涯を、7つのテーマで追う。
 
表紙 小説・新島八重 新島襄とその妻
著者 福本武久
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2012年09月
価格 637円(税込)
rakuten
ISBN 9784101366128
故郷・会津を離れた八重は兄が生き延びていたという京都へ向かう。その地で英語を学んで西洋文化に触れ、キリスト教の洗礼を受けるに至る。そして兄の友人・新島襄と出会い、結婚。二人はキリスト教への偏見、政府の無理解、資金難など幾多の困難と闘いながら、同志社の礎を築く。また女性の自立を目指し奔走した。激動の明治維新を生きたある男と女の物語。
 
表紙 小説・新島八重 会津おんな戦記
著者 福本武久
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2012年09月
価格 529円(税込)
rakuten
ISBN 9784101366111
時は戊辰戦争終盤、新政府軍が会津・鶴ヶ城を攻めたてる。同藩砲術指南役の家に生まれた山本八重は、女だてらにスペンサー銃を担ぎ、砲術隊を率いて敵を迎え撃つ。しかし戦い破れ会津藩は消滅、八重は父と弟を喪い、夫とも離別することとなる。日本近代に押し寄せる大波のなかで、のちに同志社大学を創立した新島襄の妻となる女性の若き激動の日々を描く。
 
表紙 新島八重 愛と闘いの生涯
著者 吉海直人
出版社 角川学芸出版
サイズ 全集・双書
発売日 2012年04月
価格 1,728円(税込)
rakuten
ISBN 9784047035058
同志社の創設者、新島襄の妻・八重。幕末の会津藩に生まれ、戊辰戦争の銃撃戦に男装で参加、「会津のジャンヌダルク」と呼ばれる。襄亡き後は、日清・日露戦争で篤志看護婦を務め、「日本のナイチンゲール」と称賛された。ほとんど知られることのなかった八重の生涯を、著者発見の新史料をふくむ、豊富な資料をもとにエピソードで描き出す新島八重伝の決定版。
 

明治天皇があんパンを食す

あんパン
明治 8 年(1875 年)4 月 4 日、水戸徳川家の屋敷に行幸した明治天皇は、木村安兵衛 (きむらやすべえ) のつくったあんパンを食し、たいへん満足された。
木村安兵衛は常陸国の下級武士出身だったが、明治時代に入り、食い扶持を失ってしまった。そこで上京し、政府が設けた職業訓練施設「授産所 (じゅさんじょ) 」に入り、ここでパンに出会った。
安兵衛は家族でパン屋を営むことを決意し、1869 年(明治 2 年)3 月、新橋に東京で最初のパン屋「文英堂」をオープンした。現在の木村屋總本店の創始である。

しかし米食中心の日本人はパンの味、食感に馴染めず、なかなか売上が伸びなかった。さらに不幸なことに、1872 年(明治 5 年)2 月、東京を襲った大火事で店を失ってしまう。
安兵衛は諦めることなく、1 ヶ月後には焼け残ったパン窯を使って店を再開した。

東京医学校付属病院に脚気で入院中の桂弥一 (かつらやいち) の担当医でドイツ人のホフマンは、治療食としてパンを勧めた。文英堂からパンを買った弥一は、みるみる回復していった。
いまでは、小麦の杯に含まれるビタミン B1 が脚気を治療する効果があることが分かっている。
この噂を聞きつけて、安兵衛の文英堂は繁盛した。

しかし安兵衛は、パンを治療食として見られていることに不満だった。どうしたらパンが日本に受け入れられるのか考え抜いた安兵衛は、パンを日本風の味付けにすることを思いつく。饅頭は、本国の中国では肉や野菜を入れたものだが、日本では甘いあんを入れることで普及したことにヒントを得た。

1873 年(明治 6 年)の暮れ、安兵衛はあんパンの開発に成功。
1874 年(明治 7 年)4 月、満を持して銀座煉瓦街にパン屋を出店する。
これが、明治天皇の家庭教師であった山岡鉄舟 (やまおかてっしゅう) の目に止まり、鉄舟はあんパンのファンになる。

1875 年(明治 8 年)、明治天皇が花見のために隅田川に行幸し、途中、水戸徳川家の屋敷に立ち寄ることになった。水戸徳川家が天皇接待の内容を山岡鉄舟に質問したところ、あんパンを出すことを提案。
4 月 4 日、徳川家の屋敷を訪問し、あんパンを食した天皇は、「ひきつづき納めるように」と命じたという。
また、鉄舟は、静岡で隠退生活を送っていた最後の将軍、徳川慶喜 (とくがわよしのぶ) にもあんパンを送り続けている。

参考書籍

表紙 銀座木村屋あんパン物語
著者 大山真人
出版社 平凡社
サイズ 新書
発売日 2001年07月
価格 756円(税込)
rakuten
ISBN 9784582850994
明治二年、元下級武士の親子が挑んだパンづくりは、維新とともに幕を明けた。山岡鉄舟、明治天皇、将軍慶喜、清水次郎長など多くの男たちに愛され、激動の日本を生き抜いたあんパン。その全国制覇までの軌跡をたどる。職人魂、家族愛、義侠心。あんパンメンたちの熱きドラマ。
 

参考サイト

1775 1825 1875 1925 1975 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1843 1890 新島襄 1845 1932 新島八重 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1835 1867 坂本龍馬 1865 亀山社中 1827 1877 西郷隆盛 1877 西南戦争 1872 鉄道開通 1838 1922 大隈重信 1841 1909 伊藤博文 1830 1878 大久保利通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1864 1929 津田梅子 1869 版籍奉還 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1837 1919 板垣退助 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1853 1910 ラーマ5世 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1866 1946 H.G.ウェルズ 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1876 電話の発明 1847 1931 エジソン 1847 1922 グラハム・ベル 1851 1929 ベルリナー 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1856 1939 ジークムント・フロイト 1859 1938 フッサール 1859 1941 ベルクソン 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1815 1898 ビスマルク 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1808 1873 ナポレオン3世 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1869 スエズ運河開通 1854 1856 クリミア戦争 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー Tooltip

木村屋總本店 銀座本店付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:木村屋總本店 銀座本店

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header