西暦1887年 - ホームズ登場/マイケルソン=モーリーの実験

『緋色の研究』デビュー/エーテル理論の衰退

シャーロック・ホームズ登場

シャーロック・ホームズ
1887 年、イギリスの作家アーサー・コナン・ドイルが長編小説『緋色の研究』(A Study in Scarlet)を発表する。この小説は、シャーロック・ホームズが登場する最初の小説となった。
以降1927 年にかけて、60編(長編4、短編56)のシリーズが続いてゆく。これらは「正典 (Canon)」と呼ばれ、ドイルや他の作家が著したパロディやパスティーシュを「外典 (Apocrypha)」と呼ぶ。
産みの親であるコナン・ドイルは、スコットランドの測量技師の息子として生を受けたが、父親はアルコール中毒で、生活は苦しかった。親類の支援でエジンバラ大学医学部に進学し、眼科医として開業するが、患者は全く来なかった。暇な時間を利用して小説を投稿しているうちに、『緋色の研究』がヒットし、執筆業に専念する。
だが、ドイルは歴史小説家を志望しており、ホームズ・シリーズの人気は不本意であった。そこで、1893 年に発表した『最後の事件』でホームズを死んだことにした。

ボーア戦争の際にはイギリス軍の汚名をそそぐことに尽力し、その功でナイトに叙された。
1901 年に『バスカヴィル家の犬』を発表し、ホームズ・シリーズを再開する。
1912 年、チャレンジャー教授が活躍する SF『失われた世界』を発表する。
1914 年、第一次世界大戦が勃発すると、戦意高揚のための執筆活動を行う。その一環として、1917 年、ホームズがドイツ軍スパイの裏をかくという『最後の挨拶』を書いた。この作品は、ホームズ世界の時間軸で最後にあたる作品となっている。

だが、大戦で多くの身内を失い、次第に心霊主義活動へ傾倒してゆく。
少女が妖精の写真を撮ったと話題になったコティングリー妖精事件をめぐって、写真を本物と判断した。
1929 年、アトランティス大陸の沈没を生き延びた人類が深海探査船に発見されるという SF『マラコット深海』を発表。翌年、他界する。

マイケルソン=モーリーの実験

マイケルソン=モーリーの実験
マイケルソン=モーリーの実験
19 世紀末、宇宙はエーテルに満ちており、光はエーテルを媒介とする波動であると考えられていた。エーテルは絶対静止しており、これを基準にすることで、地球の真の運動速度が求められると信じられていた。
電磁気論を確立したマクスウェルも、マクスウェルの方程式から、エーテル中の地球の運動が光学実験で検出できる可能性を手紙に書いていた。
1887 年、マクスウェルの手紙を読んだアメリカ人物理学者のアルバート・マイケルソンエドワード・モーリーは、オハイオ州のケース工科大学で、いろいろな方向に発射した光の速度を測定し、その違いを検出することで地球の絶対運動を検出しようとした。これが「マイケルソン=モーリーの実験」である。
1881 年にマイケルソンが考案したマイケルソンの干渉計を使えば、検出できるはずだった。

しかし、実験は失敗した。どの方向に発射した光も、まったく同じ速度だったのである。
マイケルソンは精度を上げて、何度も実験を試みたが、光の速度は変化することがなかった。
この失敗を受け、エーテル理論の修正理論が提唱された、たとえば、ローレンツは、エーテルの風を受けることで運動する物体が収縮するローレンツ収縮が起きることで高速度が一定という説明が付くとした。
1905 年、アインシュタインは特殊相対性理論を発表するが、この理論はエーテルの存在を必要としなかった。そして、当然の特殊相対性理論の解のひとつがローレンツ収縮であった。
こうしてエーテル理論は、急速に支持を失っていくことになる。

1907 年、マイケルソンは「干渉計の考案とそれによる分光学およびメートル原器の研究」により、アメリカ人初のノーベル物理学賞を受賞した。同じ年、コプリ・メダルも受賞している。

この時代の世界

1775 1825 1875 1925 1975 1887 シャーロック・ホームズ登場 1859 1930 アーサー・コナン・ドイル 1819 1901 ヴィクトリア女王 1854 1856 クリミア戦争 1888 切り裂きジャック 1887 マイケルソン=モーリーの実験 1852 1931 マイケルソン 1838 1923 モーリー 1831 1879 マクスウェル 1874 マクスウェルの悪魔 1905 「特殊相対性理論」の発表 1879 1955 アルバート・アインシュタイン 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1866 1946 H.G.ウェルズ 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1885 狂犬病ワクチンの開発 1822 1895 ルイ・パスツール 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1791 1871 チャールズ・バベッジ 1839 ダゲレオタイプ 1808 1873 ナポレオン3世 1840 1842 アヘン戦争 1856 1860 アロー戦争 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1870 1871 普仏戦争 1856 1939 ジークムント・フロイト 1898 ラジウムの発見 1876 電話の発明 1898 米西戦争 1903 人類初の動力飛行に成功 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1861 1865 南北戦争 1839 1937 ジョン・ロックフェラー 1866 1936 アン・サリヴァン 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1862 1922 森鴎外 1867 1916 夏目漱石 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1830 1878 大久保利通 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1835 1924 松方正義 1881 1884 自由党 1837 1919 板垣退助 1882 1896 立憲改進党 1838 1922 大隈重信 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1882 講道館の創設 1860 1938 嘉納治五郎 1882 上野動物園の開園 1880 「君が代」が完成 1877 西南戦争 1827 1877 西郷隆盛 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1872 鉄道開通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1889 大日本帝国憲法の公布 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1837 1891 三条実美 1894 1895 日清戦争 1838 1911 トーマス・グラバー 1841 1913 田中正造 1901 八幡製鉄所が操業開始 1900 北清事変 1900 雑誌「明星」創刊 1909 伊藤博文の暗殺 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1853 1910 ラーマ5世 1840 1842 アヘン戦争 1850 1864 太平天国の乱 1856 1860 アロー戦争 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1866 1925 孫文 1900 1901 義和団の乱 1906 満鉄の開業 1854 1856 クリミア戦争 1894 1895 日清戦争 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1877 1878 露土戦争 1869 スエズ運河開通 1857 1859 セポイの乱 1869 1948 ガンジー 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1872 1928 アムンゼン 1911 南極点に史上初めて到達 Tooltip

参考書籍

表紙 緋色の研究
著者 アーサー・コナン・ドイル/深町真理子
出版社 東京創元社
サイズ 文庫
発売日 2010年11月
価格 669円(税込)
rakuten
ISBN 9784488101183
異国への従軍から病み衰えて帰国した元軍医のワトスン。下宿を探していたところ、同居人を探している男を紹介され、共同生活を送ることになった。下宿先はベイカー街221番地B、相手の名はシャーロック・ホームズー。永遠の名コンビとなるふたりが初めて手がけるのは、アメリカ人旅行者の奇怪な殺人事件。その背後にひろがる、長く哀しい物語とは。ホームズ初登場の記念碑的長編。
 
表紙 完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻
著者
出版社 偕成社
サイズ 単行本
発売日 2003年04月
価格 18,144円(税込)
rakuten
ISBN 9784037381424
 
表紙 シャーロック・ホームズ対伊藤博文
著者 松岡 圭祐
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2017年06月15日
価格 896円(税込)
rakuten
ISBN 9784062936996
シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝の死闘で、モリアーティ教授への正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高のホームズ物語。
 
(この項おわり)
header