西暦1880年 - 白熱電球の商用化

フィラメントは京都の真竹
エジソン電球
エジソン電球
1880 年、トーマス・エジソンが京都の竹をフィラメントに使った白熱電球を開発した。点灯寿命は 200 時間で、ガス灯より安かったことから商用製品として普及が進んでゆく。

世界で最初に電球を発明したのはエジソンではなく、イギリスのジョゼフ・スワンで、1878 年のことだった。フィラメントには木綿糸を炭化させたものを用い、点灯寿命は 40 時間だった。
エジソンも 1877 年頃から電球の研究に着手し、1879 年に木綿糸を炭化させたフィラメントの白熱電球を完成させた。
トーマス・エジソン
トーマス・エジソン
しかし、木綿糸フィラメントは電気抵抗が小さく、電力供給には太い銅線を必要とした。これは当時の電力事情からは不可能な要求だったし、ガス灯と競争できるものではなかった。

エジソンは、ある日、机の上にあった扇子の竹をフィラメントに使ってみたところ、200 時間も点灯した。そこでエジソンは、10 万ドルの賞金を掛け、世界中に高抵抗フィラメントの材料になる竹を探した。
1880 年、賞金目当てのハンターが伊藤博文首相と会合し、「竹なら京都へ」とのアドバイスを受けます。そして、京都の八幡男山(石清水八幡宮のあたり)付近の竹を採取したところ、これで作ったフィラメントは 2450 時間も灯り、見事 1 位を獲得した。

スワンもフィラメントの改良を続け、1883 年にセルロースを酸で処理した高抵抗フィラメントを開発するが、時すでに遅し。
1880 年、エジソンはエジソンランプ会社を設立し、白熱電球の販売と発電所の建設に着手した。

1879 年 11 月 10 日、エジソンはイギリスで白熱電球の特許を申請した。1882 年、スワンはエジソンの発明がスワンの発明を侵害しているから無効とする訴訟を起こすが、スワン電灯会社とエジソンの間に和解が成立し、1883 年、エジソン・スワン電灯会社を設立。電灯の製造を独占することに成功した。
この独占は、エジソンの特許が失効する 1893 年 11 月 11 日まで続いた。最終的に、エジソンが会社を買い取った。この当時の電球の料金ははガス灯の 6 割だったことから、急速に普及を始める。

この時代の世界

1775 1825 1875 1925 1975 1880 白熱電球の商用化 1847 1931 エジソン 1828 1914 ジョゼフ・スワン 1876 電話の発明 1875 神智学協会の設立 1831 1891 ブラヴァツキー 1832 1907 ヘンリー・オルコット 1898 米西戦争 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1866 1936 アン・サリヴァン 1855 1916 ローウェル 1861 1865 南北戦争 1836 1891 カラカウア 1887 マイケルソン=モーリーの実験 1852 1931 マイケルソン 1861 1925 ルドルフ・シュタイナー 1856 1939 ジークムント・フロイト 1894 コヒーラー検波器の発明 1851 1940 オリバー・ロッジ 1895 無線通信の実験 1874 1937 マルコーニ 1831 1900 エドワード・ヒューズ 1851 1929 ベルリナー 1860 「ロウソクの科学」講演 1875 1945 ゼボッテンドルフ男爵 1844 1900 ニーチェ 1887 シャーロック・ホームズ登場 1888 切り裂きジャック 1859 1930 アーサー・コナン・ドイル 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1895 X線の発見 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1898 ラジウムの発見 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1819 1901 ヴィクトリア女王 1809 1898 グラッドストン 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1870 1871 普仏戦争 1871 ドイツ帝国の成立 1900 北清事変 1905 第一次モロッコ事件 1818 1883 マルクス 1867 「資本論」の出版 1820 1895 エンゲルス 1818 1889 ジュール 1859 「種の起源」の出版 1865 メンデルの法則 1859 統計学者ナイチンゲール 1820 1910 ナイチンゲール 1861 自然発生説の否定 1822 1895 ルイ・パスツール 1861 イタリア王国の成立 1863 ロンドンで世界初の地下鉄 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1866 普墺戦争 1874 マクスウェルの悪魔 1867 1934 マリー・キュリー 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1890 日本初の電話 1868 1869 戊辰戦争 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1901 八幡製鉄所が操業開始 1904 1905 日露戦争 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1890 第1回総選挙 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1889 大日本帝国憲法の公布 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1881 1884 自由党 1882 1896 立憲改進党 1883 鹿鳴館がオープン 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1834 1901 福沢諭吉 1836 1908 榎本武揚 1901 田中正造が天皇に直訴 1872 1896 樋口一葉 1867 1902 正岡子規 1867 1916 夏目漱石 1871 1911 幸徳秋水 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1900 雑誌「明星」創刊 1873 1935 与謝野鉄幹 1867 1930 豊田佐吉 1878 1933 吉野作造 1906 満鉄の開業 1867 1947 幸田露伴 1852 1912 明治天皇 1909 伊藤博文の暗殺 1882 上野動物園の開園 1882 講道館の創設 1877 西南戦争 1880 「君が代」が完成 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1905 血の日曜日事件 1877 1878 露土戦争 1828 1910 トルストイ 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1894 露仏同盟 1895 三国干渉 1900 北清事変 1906 満鉄の開業 1909 伊藤博文の暗殺 1835 1908 西太后 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1866 1925 孫文 1900 1901 義和団の乱 1853 1910 ラーマ5世 1877 1878 露土戦争 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1869 スエズ運河開通 1905 第一次モロッコ事件 Tooltip
(この項おわり)
header