西暦1956年 - リレー式計算機「FACOM 128」発売

日本初の商用コンピュータ
FACOM 128
FACOM 128
1956年(昭和31年)9月、富士通信機製造(現・富士通)が、日本初の商用リレー式計算機「FACOM 128」を文部省統計数理研究所へ納入した。
FACOM 230-60
FACOM 230-60
リレー式計算機は原理的にプログラム内蔵方式でないため、厳密には「コンピュータ」と呼べないが、1968年(昭和43年)の FACOM 230-60 でICを採用し、プログラムを内蔵できるようになり、1974年(昭和49年)に製品化した FACOM M-190 は、世界で初めて全面的にLSIを採用し、IBMの大型コンピュータより3倍高速であった。
池田敏雄
池田敏雄
太平洋戦争で焼失した東京都統計課のIBM製統計会計機を代替すべく、東京大学の山下英男教授の指導により、リレーを主体にした統計分類集計機の開発が進められた。1953年(昭和28年)には東証が機械化を検討していることを知った富士通信機製造では、池田敏雄らが中心となり株式取引高精算用計算機を試作した。この試作機は動作が不安定で東証への納品はかなわなかったが、その開発経験を活かし、1954年(昭和29年)に自由にプログラミングができる本格的なリレー式自動計算機 FACOM100 が完成した。FACOM は Fuji Automatic COMputerの頭文字である。
FACOM 100を囲む湯川、池田ら
FACOM 100を囲む湯川、池田ら
1949年(昭和24年)に日本ではじめてノーベル賞を受賞した湯川秀樹は、複雑な多重積分の計算を依頼し、人間の手でやったら2年かかる計算を FACOM100 は3日間で結果を算出し、湯川は「これで研究のスピードが飛躍的に進む」と喜んだという。
池田らは FACOM100 の経験を活かし、1956年(昭和31年)9月に日本初の商用リレー式計算機 FACOM 128 を文部省統計数理研究所へ納入した。改良型の FACOM128A は、インデックスレジスタを導入することで、FACOM100 の4倍の演算速度を実現した。
しかし、1958年(昭和33年)に米IBMが、トランジスタを主に使った大型コンピュータ(メインフレーム)のIBM 7000シリーズを発表し、金融機関を中心に、多くの日本企業が輸入した。演算速度は FACOM 128 の100倍に達した。
富士通信機製造は、日本で発明されたパラメトロン素子を使ったFACOM200シリーズを開発・販売したが、トランジスタを使った商用コンピュータは開発せず、ICを導入することになった。IBMは50億ドル(1兆8千億円)を投じた System/360 を1964年(昭和39年)4月に発表しており、これに対抗するためだった。
1965年(昭和40年)にICを使った FACOM230 を発表し、その価格の安さから1,000台を出荷するベストセラー機になったものの、東京大学大型計算機センターへのコンピュータ納入合戦で、日立製作所の大型コンピュータ HITAC に性能負けしてしまう。加えて、IBMと互換性のないことが仇になった。

富士通信機製造は日立製作所と技術提携し、IBM System/360 コンパチブルのFACOM Mシリーズの開発に着手する。池田らは世界初となるLSIを採用することを決め、System/360 を開発したものの、System/370 の設計を巡ってIBMを退職したジーン・アムダールが設立した会社を支援することで技術提供を受けた。資金面では通商産業省の補助金を受けた。
1975年(昭和50年)11月の日本電子計算機ショウで発表された FACOM M-190 は、1972年(昭和47年)に発売された IBM System/370 の3倍の演算性能を発揮した。アムダールの会社が発売した姉妹機の Amdahl 470/V6 の製造も富士通信機製造が請け負い、1975年(昭和50年)にはアメリカ航空宇宙局(NASA)に納入された。
日本電子計算機ショウの1週間前、富士通信機製造でコンピュータ開発を牽引した池田は、カナダの提携先の社長を羽田空港で出迎えている際にくも膜下出血で倒れ、FACOM M-190 のお披露目を見ることなく他界する。

参考サイト

この時代の世界

1875 1925 1975 2025 1956 リレー式計算機「FACOM 128」発売 1923 1974 池田敏雄 1891 1979 岡田完二郎 1958 チキンラーメン発売 1958 東京タワー開業 1955 自由民主党の結成 1963 「上を向いて歩こう」がアメリカで大ヒット 1941 1985 坂本九 1964 東海道新幹線が営業開始 1964 東京オリンピックの開催 1966 「ウルトラマン」放映開始 1901 1970 円谷英二 1970 大阪万博の開催 1970 人工衛星「おおすみ」打ち上げ 1899 1965 池田勇人 1901 1975 佐藤栄作 1899 1972 川端康成 1967 ツイッギー来日 1968 三億円事件 1970 三島由紀夫が割腹自殺 1925 1970 三島由紀夫 1970 よど号ハイジャック事件 1950 1953 朝鮮戦争 1954 ビキニ水爆実験 1952 サンフランシスコ講和条約 1954 映画「ゴジラ」封切り 1938 1976 金城哲夫 1960 日米新安保条約 1962 首都高速道路が開通 1968 プレートテクトニクス理論の完成 1969 腕時計「セイコークオーツアストロン」発売 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1966 1976 文化大革命 1893 1976 毛沢東 1898 1976 周恩来 1898 1969 劉少奇 1907 1971 林彪 1967 愛新覚羅溥儀が死去 1946 「ENIAC」完成 1951 「UNIVAC I」完成 1907 1980 モークリー 1903 1957 ジョン・フォン・ノイマン 1947 トランジスターの発明 1969 ARPANETが始動 1971 インテル、4004発表 1974 「アルテア8800」発売 1964 宇宙背景輻射の発見 1969 人類、月に立つ 1962 キューバ危機 1917 1963 ケネディ 1963 ケネディ大統領暗殺 1965 1975 ベトナム戦争 1954 ビキニ水爆実験 1908 1973 ジョンソン 1973 ウォーターゲート事件 1959 キューバ革命 1947 音速の壁を突破 1947 世界初のUFO目撃 1966 1969 SFテレビドラマ『宇宙大作戦』 1948 ベルリン封鎖 1946 ユネスコが発足 1945 国際連合が発足 1939 1945 第二次世界大戦 1962 ベルリンの壁建設 1953 エベレスト初登頂 1958 国際原子時がはじまる 1946 1954 第一次インドシナ戦争 1890 1969 ホー・チ・ミン 1961 人類初の有人宇宙飛行 1934 1968 ユーリ・ガガーリン 1963 女性初の宇宙飛行士 1937 ワレンチナ・ヴラディミロヴナ・テレシコワ 1957 世界初の人工衛星 1894 1971 フルシチョフ 1960 アフリカの年 1892 1975 ハイレ・セラシエ1世 1918 1970 ナセル 1959 キューバ革命 1928 1967 ゲバラ 1918 1970 ナセル Tooltip
(この項おわり)
header