西暦1795年 - ハワイ王国の建国

カメハメハ1世(大王)が即位
ヒロのカメハメハ大王像
ヒロのカメハメハ大王像
1795 年、ハワイ島からマウイ島の支配を確立したカメハメハ 1 世(大王)はハワイ王国を建国し、国王に即位する。

1782 年、ハワイ島の首長カラニオプウが死去すると、その長男キワラオを倒し、ハワイ島の支配を確立した。カメハメハは、イギリスから武器援助や軍事顧問を招聘し、近代的な軍隊を編成した。

1794 年、マウイ島の首長カヘキリが老衰で亡くなると、すぐさまマウイ島に侵攻し、1795 年にはオアフ島に逃れた長男カラニクプレを追い、ヌアヌ・パリで抵抗勢力を一掃した。そして、ホノルルでハワイ王朝樹立を宣言、カメハメハ 1 世として即位する。
1810 年までに、残るカウアイ島、ニイハウ島も併合し、ついにハワイ統一を成し遂げる。
1819 年 5 月、大王が没すると、長男がカメハメハ 2 世として即位する。その後、弟のカメハメハ 3 世、孫のカメハメハ 4 世へ王位が継承されてゆく。

カメハメハ大王の孫、カメハメハ 5 世は 1830 年に生まれた。幼少期より欧米各国を訪問し、とくにイギリスでは厚遇を受け、1853 年にはフリーメイソンのハワイアン・ロッジに加入した。しかし、奴隷制度が公認されていたアメリカでの扱いは冷たく、親英へ傾いていったと言われる。
1863 年 11 月、カメハメハ 4 世の急逝を受けて即位。1864 年に王権強化した新憲法を公布し、親英路線を明確にした。
カメハメハ 5 世は独身で王位継承者を指名することなく亡くなったため、議会がルナリロを第6 代国王として選出した。しかし、1874 年 2 月、ルナリオも逝去。第7 代国王カラカウアが即位した。カラカウア王はイオラニ宮殿を建設した。

1891 年 1 月、カラカウア王がサンフランシスコで客死すると、リリウオカラニが女王として即位し、アメリカ人勢力との対決姿勢を強めた。リリウオカラニは 1878 年に、『アロハ・オエ』を作詞・作曲している。
1893 年、アメリカ人勢力によるクーデターが起き、アリイオラニ・ハレに臨時政府が設立され、王政廃止と臨時政府樹立を宣言するハワイ革命が起きる。アメリカ海兵隊がイオラニ宮殿を包囲し、1895 年 1 月、ついに国王廃位の署名にサインし、ハワイ王国は滅亡し、ハワイ共和国となった。
1898 年の米西戦争を契機に、ハワイの戦略的重要性が認識され、1898 年、アメリカ合衆国に併合され、ハワイ準州となった。真珠湾などに米軍施設が多数建設されアメリカ化が進み、1959 年 8 月、アメリカの 50番目の州となる。
リリウオカラニはホノルルに戻り、旧女王としてハワイ島民の敬愛を集め、多くの著作を残し、79 歳の大往生を遂げる。

この時代の世界

1675 1725 1775 1825 1875 1925 1795 ハワイ王国の建国 1758 1819 カメハメハ1世 1797 1824 カメハメハ2世 1813 1854 カメハメハ3世 1834 1863 カメハメハ4世 1830 1873 カメハメハ5世 1835 1874 ルナリロ 1836 1891 カラカウア 1838 1917 リリウオカラニ 1776 アメリカ独立宣言 1775 1783 アメリカ独立戦争 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1752 フランクリンの雷実験 1773 ボストン茶会事件 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1692 セイラム魔女裁判はじまる 1702 1713 アン女王戦争 1812 1814 米英戦争 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1809 1865 リンカーン 1807 1870 リー将軍 1804 1878 ハリス 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1822 1885 グラント将軍 1831 1891 ブラヴァツキー 1861 1865 南北戦争 1832 1907 ヘンリー・オルコット 1834 1906 ラングレー 1843 1901 マッキンリー 1875 神智学協会の設立 1876 電話の発明 1838 1923 モーリー 1855 1916 ローウェル 1887 マイケルソン=モーリーの実験 1867 1912 ウィルバー・ライト 1903 人類初の動力飛行に成功 1774 質量保存の法則の発見 1743 1794 ラヴォアジェ 1781 天王星の発見 1738 1822 ハーシェル 1762 「社会契約論」「エミール」が発禁に 1712 1778 ルソー 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1717 1783 ジャン・ル・ロン・ダランベール 1724 1804 イマヌエル・カント 1737 1798 ガルバーニ 1756 1763 七年戦争 1740 1748 オーストリア継承戦争 1712 1786 フリードリヒ2世 1717 1780 マリア・テレジア 1710 1774 ルイ15世 1754 1793 ルイ16世 1755 1793 マリー・アントワネット 1749 1791 オノーレ・ミラボー 1758 1794 ロベスピエール 1748 オイラーの公式 1707 1783 レオンハルト・オイラー 1748 「法の精神」の出版 1749 シェーンブルン宮殿が完成 1759 大英博物館が開館 1766 水素の発見 1731 1810 ヘンリー・キャヴェンディッシュ 1784 メシエ天体カタログ完成 1730 1817 シャルル・メシエ 1736 1813 ラグランジュ 1738 1820 ジョージ3世 1759 1806 ウィリアム・ピット 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1789 1799 フランス革命 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1796 種痘の実施 1800 ボルタが電池を発明 1812 『グリム童話』出版 1814 ウィーン会議 1815 神聖同盟 1822 階差機関の設計 1824 ベートーベン交響曲第9番「合唱つき」の初演 1825 世界初の鉄道路線 1791 1867 ファラデー 1831 電磁誘導の発見 1852 ナポレオン3世が即位 1808 1873 ナポレオン3世 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1846 海王星の発見 1818 1883 マルクス 1854 1856 クリミア戦争 1815 1898 ビスマルク 1819 1901 ヴィクトリア女王 1776 平賀源内によるエレキテルの実験 1728 1779 平賀源内 1774 解体新書 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1765 1831 十返舎一九 1760 1849 葛飾北斎 1767 1786 田沼時代 1719 1788 田沼意次 1782 1787 天明の大飢饉 1737 1786 徳川家治 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1745 1795 長谷川宣以 1809 間宮海峡の発見 1775 1844 間宮林蔵 1802 1822 「東海道中膝栗毛」の出版 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1814 1842 「南総里見八犬伝」刊行開始 1828 シーボルト事件 1796 1866 シーボルト 1832 鼠小僧の処刑 1809 1858 島津斉彬 1833 1837 天保の大飢饉 1815 1860 井伊直弼 1837 大塩平八郎の乱 1841 1843 天保の改革 1831 1866 孝明天皇 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1853 ペリー来航 1867 大政奉還 1868 1869 戊辰戦争 1872 鉄道開通 1837 1913 徳川慶喜 1838 1911 トーマス・グラバー 1841 1909 伊藤博文 1875 同志社英学校が開校 1837 1919 板垣退助 1841 1913 田中正造 1877 西南戦争 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1850 1864 太平天国の乱 1856 1860 アロー戦争 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1853 1910 ラーマ5世 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1894 1895 日清戦争 1777 1825 アレクサンドル1世 1815 神聖同盟 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1868 1918 ニコライ2世 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1769 1849 ムハンマド・アリー 1869 スエズ運河開通 1857 1859 セポイの乱 1783 1824 イトゥルビデ 1810 1821 メキシコ独立戦争 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1898 米西戦争 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 Tooltip
(この項おわり)
header